2020年11月20日

靴下はいて寝るとこうなるから

10月中旬から、やっぱり寒くなってくると

やってしまう「靴下履いて寝る」ですが、

これやるとこうなりますよね。


そんな出来事が起きてしまいました。


その日は、朝8:00集合で団地の清掃が

ありました。


通常は9:00出社ですから、早出です。


前日の布団に入るまでは、覚えてた。

そう、いつも通りの起床となって、


焦ってたんでしょう。


寝るとき用のモコモコの靴下のまま

出社してしまうという出来事。


まったく違和感なく家を出てしまい

気付いたのは、清掃中に足首の当たりに

落ち葉が挟まって、それを取ろうとした

時に、「あれっ?」って。


幸いにも、真っ赤な毛糸靴下じゃない方

だったので、まぁ目立ちませんでした。


気になっちゃうと、モコモコ感が

緊張感を緩ませてしまうというか

気合いが入らなかったですね。


こんなことありませんか?

そもそも靴下就寝が少数派か、、、
ラベル:季節だなぁ
posted by なーたのうた at 18:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俺は和食王になる!動画を募集!!

農林水産省は「和食」や「郷土料理」に対して、子どもたちの関心と理解を育むことを目的とした「全国子ども和食王選手権」を開催しています。

YouTube動画コンテストやインスタグラムフォトコンテストの募集(2021年1月6日まで)を開始すると同時に、和食への理解を育む魅力を伝えてくれるアンバサダーを任命しています。アンバサダーは最後にご紹介します。

テーマは「キョウドリョウリって、ナゾだらけ!

まぁ確かに。そそるネーミングで『にんじゃ汁』『やせうま

これは郷土料理の名前です。長く日本人の健康を支え、地域の風土や文化に深く結びついている郷土料理は、核家族化が進み、地域での行事なども減少しています。

心当たりもあるのではないでしょうか?

現在、その魅力や価値を伝えることが難しくなってきている中で、「なぜ、こんな変な名前なんだろう」と思うような郷土料理は、日本各地にあります。そのおもしろい謎を解き明かすことで、知的好奇心を刺激し、子どもたちが住んでいる地域の魅力や和食文化への興味を深めようという事です。

また「和食」や「郷土料理」の魅力を伝え、和食王選手権(本選)の審査員を務める「和食王アンバサダー」が気になるところですよね。

和食文化の背景を〝〟として設定し「キョウドリョウリって、ナゾだらけ!」という謎解きテイストのコンセプトに沿う、東京大学発の謎解きクリエイター集団RIDDLER㈱を立ち上げた「松丸亮吾さん」が「和食王アンバサダー」に任命されています。

ほんとうにごめんなさい。誰でしょう。。。


でも、知っている人、有名な人、そんな方でなくていいんです。同コンセプトで活動している代表の方ですから、ぴったりな人選だと思います。

公式サイトは下記からいけますが、どうか当ブログの応援もして頂いた上で、覗いてみてください。
https://washoking.maff.go.jp



posted by なーたのうた at 18:29| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ