2020年03月18日

この時期バター欠品って「何かあった?」

えっ!感染病予防に効果があるの?いや、そんな情報はないなぁ、、、、


日常的にスーパーでバターを買っている人なら、バターがすっかり品薄になっていることに気づく事もあると思いますが、明治の代理店から「バターが品薄・欠品状態なんです!」って事で連絡があったんです。


牛乳やチーズはいつも通りなのに、どうしてバターだけがこんなに品薄になってしまうのか?


今回の品薄については、担当者が外出中と言う事で、詳しい欠品理由を聞いていないのですが、過去の事例や乳製品の製造に関する流れからバターの欠品について説明したいと思います。


バターの品薄にはいくつかの理由があるのですが、基本的にそもそもバターは慢性的に品薄な状態が続いている食品です。バター風の食品が多く出ていますが、そうした背景もあります。


では、バターの欠品理由になる「原料からの生産に対する優先順位」の秘密を簡単に。


バターの原料となる生乳の優先順位ですが、生乳は真っ先に牛乳に割り当てられるようになっています。その後、生クリームとチーズに使われ、保存の利くバターは後回しされてしまうのです。つまり、生乳の生産量が少なければ、最初にバターの生産量が減ってしまうという仕組みです。


生乳の生産量が激減した時など、乳牛メーカーは生産・在庫の量が減ってきたバターの安定した供給を続けるために出荷量を抑えるようになります。「出荷制限」ですね。細く長く販売できるように調整をするのです。


そもそも、日本では酪農家戸数が高齢化や後継者不足、経営難などで年々減少しており、この10年で約1万戸も少なくなっています。こうした酪農業の構造的な原因からも生乳が減ってきているのです。


政府もバター不足に対してバラバター(20kgとか25kgの)という業務用の冷凍バターの輸入をしており、これにより酪農家はこれまでバラバターの生産に使っていた生乳を家庭用バターの製造に使えるようになるためにバターの生産を増やすことができるようになります。


ただただ品薄を我慢するだけでなく対策も取られているんです。


しかし、今回の品薄は、パンの品薄欠品に関連してのバター?なにが起きているんでしょうか。連絡を待ちたいと思います。
posted by なーたのうた at 11:37
"この時期バター欠品って「何かあった?」"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ