2016年02月09日

二日も聞けば「今流行ってる」って思う、ヒスタミン

ヒスタミン.png
ヒスタミン中毒事故。


大阪府に本社を置く「株式会社ふくなお」はメディカルフーズ(介護食)にもおいしさだけでなく、見る楽しさをも演出する食品メーカーです。


介護食やミキサー食と言うと、原形をとどめていない食事を思い浮かべる人はきっと驚きます。素材の見たまんまを再現しながらも、食事をされる高齢者などにもおいしく召し上がって頂ける「やわらか食」を製造しています。ネーミングもちょっとおふざけが入っているかと思うようではありますが、素材がわかるかわいらしいネーミングです。


「やわらかたけのこやん」「まるでほうれん草」「ほねごとこだい君」「コロコロぶろっこりん」「いわし小粒団子」などなど・・・


渦中にあるのは「いわし小粒団子」


2月8日に自主回収の続報として電話とFAXが入りました。それより先に保健所より出荷先の連絡先などの問い合わせ。該当商品を販売していたんですねぇ当社も。


お客様より回収したのは1件。他納入顧客での異常はありませんでした。その続報には、同ロットを検査にかけた結果、中毒症状を引き起こすといわれている数値とほぼ同等レベルのヒスタミンを検出した事が載っていました。


ヒスタミンは症状に出る事もはやく、100g中に100mgの摂取で発症するとされています。しかし、個人差や体調など様々な要因でその限りではないですが。


続報に記載されていた結果は、

 ロット35054
 賞味期限 17年4月
 ヒスタミン検出
 95.8mg / 100g
 回収命令(大阪府)



出ちゃいましたね。


そもそもヒスタミンは、温度管理(日光がかなり強烈みたいです)などで増加する事もありますが、原料自体(マグロ、ぶり、いわしなど赤身系)がそもそも持っている事があります。かつ高濃度で。


よく聞く食中毒菌など、大腸菌は加熱調理で死滅するとか、腸炎ビブリオは冷凍する事で死滅するとかがないのが、ヒスタミン。


確かに、低温管理により増殖させる事は抑制できますが、0℃~10℃の温度帯でも増える事があります。そして、加熱も凍結も効かないわけですから、原料自体に高濃度で含まれていた場合、しっかりした工程を経て製造された商品であっても「食中毒」を起こしてしまう。そんな奴らなんです。


今度、来社して詳しくお話を聞く事としましたが、昨年1月にも青森県の八戸フーズでブリ煮付けでその恐ろしさを知りました。こちらは、原料由来のヒスタミンとの調査結果でした。


販売先は市販ルートでしたので、広範囲にわたっての回収となりました。今回のふくなお
の商品は、基本的に業務ルート。トレースが容易でした。と、思います。当社はロットの記録をしながら顧客へ出荷している為、いつ?どこに?どのロットが?どの車両で?移動温度は?店着温度は?などなど記録していましたので。もちろん入荷時の温度記録なども。


同様の原料由来のヒスタミンとなれば、八戸フーズ同様「入荷時の抜き取り検査」の対応指示がでるんでしょうね。良い商品をあつかっている「ふくなお」。


こうした事故が起きないようによろしくお願いしたいと思います。ファンは多いメーカーさんですから。


ベッキーみたいに話題は長引かないでしょう(笑)清原事件にも負けずに広がってますからね。


ちなみにふくなおの商品はネットからも購入可能です。病院・施設などでは定番として定着しています。

ふくなお亭(6点)詰め合わせセット【/やわらかおかず、やわらかごはん、やわらか食、介護食、レトルト、冷凍食品、嚥下訓練にも(ご自宅用、贈り物ギフト)】

価格:3,100円
(2016/2/9 17:18時点)
感想(87件)








この前の話に戻る⇒

posted by なーたのうた at 17:16| Comment(0) | 食品事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

冷凍食品からヒスタミン。「なんかピリピリした・・・」

ヒスタミン.png奈良県のある施設で、いわしの団子を口したとき「なんかピリピリするんだけど~」と言うクレームが発生。


クレームとの事での申し出に対して理化学検査を実施したところ「ヒスタミン」が検出されたという事。

-------------


あるメーカーの「いわし小粒団子(業務用冷凍食品)」を使用した料理を提供した中で、「軽いアレルギー反応を示した喫食者があり、現在調査中である」というFAXがありました。


文書的には「その商品である可能性」としておりますが、ヒスタミンによる反応が濃厚であるような話でした。


回収ロットは4種類あり、市販用での出荷はないと思われますが(業務用ルートで流通している為)、自主回収の対応となりました。


製造メーカーは大阪にある、老人介護施設向けの加工食品に特化したメーカー。


我が社もその対応でばたついてました。マスコミが報道するのか?その結果次第ですね。


今のところ、全国で1件の報告です。


ヒスタミン・・・以前、原料にすでに付着していたとするヒスタミン中毒に関係した事があります。知れば知るほど怖くなってくるのがヒスタミンですよね。





続報届く⇒
posted by なーたのうた at 19:21| Comment(2) | 食品事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ