2017年07月12日

うな次郎記念日!記念イベントにあのアイドルグループメンバー参加

さぁ、今年のうなぎ商戦は準備万全でしょうか?予定数量完売される事を祈りながら、日々出荷をしている状態です。


そんな丑の日を前に、何度か記事にも掲載させて頂いた「うな次郎」の記念日が制定されました。まぁよくある勝手に作った日ですけど・・・「勝手に」とはいってもちゃんと日本記念日協会、いずれ国民の休日にまでなってくれると嬉しいですけどね(笑)


しかけたは「うな次郎」生みの親、一正蒲鉾。7月24日~26日の3日間、東京都中央区日本橋室町の「ブリッジにいがた」にて「うなる美味しさ!うな次郎記念日イベント」を開催します。生みの親だけにうな次郎のお誕生会ですね。


最終日となる26日午前11時からは、アイドルグループNGT48の荻野由佳さんを招いて、日本記念日協会による「うな次郎の日登録セレモニー」が実施されます。


一正蒲鉾が世に送り出したうな次郎は発売から2年目
【6個セット】【ケース】一正蒲鉾 うなる美味しさ うな次郎55g×2枚入(たれ・山椒付) -
【6個セット】【ケース】一正蒲鉾 うなる美味しさ うな次郎55g×2枚入(たれ・山椒付) -
「うな次郎記念日」を設けたうな次郎!ぜひお近くのスーパーなどで見かけた際にはお試しください。



posted by なーたのうた at 17:50| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

片栗粉(でん粉)が欠品!その代替は添加物!?

いったい何を騒いでいるんだろう?って思って耳を傾けてみると・・・


「片栗粉が出荷規制になった」「今期の落札分の手配をどうしよう」「とにかくかき集めろ!」などなど、いつもの欠品だろうか?


定番過ぎて欠品なんて気にしてませんでしたが、主役は片栗粉です。「でんぷん」ですね。北海道産の。どうやら本当に尽きてしまい、うちだけでなく各社代替品へのシフトを行っているようです。


北海道がダメならでん粉くらい輸入品とかあるんじゃないか?と思ったのですが、そこには国の絡んだからくりがありました。とりあえず、今お客様へ説明を加えて代替品として案内している商品が「加工でん粉」です。


要は、北海道産の片栗粉の代替えとして輸入品の加工でん粉を提案中です。そもそも「加工でん粉」ってなに?「片栗粉」は輸入できないの?


実は、ご家庭にある片栗粉と呼んでいるものの一括表示を見てみてください。実は加工でん粉だったりするかもしれません。加工でん粉とは「食品添加物」です。着色料とか甘味料とかそういったものと同じ食品添加物扱いです。


片栗粉とはでん粉なんですが、生産者を守る為に国がでん粉の輸入を規制しています。まぁ禁止しているのです。ですが、価格的にも物量的にも輸入してくる為にいろいろと混ぜ物をして「食品添加物」の扱いとして日本に輸入されてきます。もちろん安全性は国も認めています。


加工でん粉はとろみが弱い・・・というイメージもありますが、何かを混ぜて加工でん粉にするとき「リン酸架橋」と言うものを使用したりしてとろみを増強している所もあります。


と言う事で、どうしても「添加物」という扱いが、ご使用になる介護施設や病院・給食施設の栄養士さん方に毛嫌いされている状況なんです。実際、気にされない方もおりますけどもね。


今後ですが、2017年度の片栗粉(でん粉)はさらに厳しくなる様子です。全農が発表していますが、10月からの新物も10%くらいは値上げとなります。数量的にも減少するので、もはやスーパーで特売を組むアイテムではなくなります。


恐らく並んでるのは加工でん粉だと思いますけどもね。注意して確認してみてください。




posted by なーたのうた at 12:36| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

大量調理マニュアル改定 変更点とは?

業務用食品を取り扱う商社に勤めているわけで、なにかと食品安全についての勉強をせざるを得ない場面があります。


存在自体は知っていた「大量調理マニュアル」。この度、平成29年6月16日付けで改定されました。


うちの会社がターゲットとしているお客様は病院や介護施設、学校給食など大小ありますが、基本的に食品安全においては極めて細かく要望される業態です。まぁそれを手間と考えるか?追及してサービス力として強めていくのか?それぞれかと思います。


マニュアルの改訂については、お客様からお話を聞く事で知ったのですがどういった部分が変更になったのか?を知っていると知らないとでは大きく違いが出てくると思い、とりあえず厚労省のHPから調べました。


大量調理マニュアルとは正式には「大量調理施設衛生管理マニュアル」と言って50ページくらいあるルールブックです。1回の調理で300食以上、又は750食/日以上の提供をする調理施設が適用されるものです。


昨今の食中毒ブーム!?を受けての改定でしょうかね。ノロウイルス対策についても記述されています。適用範囲はありますが、適用外の調理施設や関連する我々のような食品を扱う問屋さんなども参考にしているものです。


製造・加工業者に対して求める文言もあるので、大量調理マニュアルについては知っておいた方がよいと思います。


って事で、簡単に改定・追記箇所を紹介しましょう。



・非加熱で喫食する食品は製造加工業者の衛生管理について保健所の監視票、自主管理記録票などを確認する


・高齢者など抵抗力の弱い者を対象とした食事提供の施設は非加熱品の殺菌を行うこと


・10月から3月までの間には1回/月以上のノロウイルス検便検査に努めること


・調理従事者などの健康状態の確認と記録


・衛生管理全般についての定期的な指導・助言を受ける事が望ましい。また、従事者の健康管理について産業医等から指導・助言を受けること。



こんな感じです。簡単にしすぎましたがわかりやすくしたつもりです。こうなると、調理施設だけでなく、納入業者などにも衛生管理記録など求めてくる可能性もあるのではないかと思っています。


自分の勤める会社はすでに取り組んでいる部分でありISO22000のシステムに則ってマネジメントされているので一応対応できる状態と考えています。


今後も食品安全についてはいろいろと厳しくなっていくのかもしれませんね。



posted by なーたのうた at 18:52| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

今年のうなぎは?うなぎに関する非公式協議の件

20170604214034394.jpg
韓国で先日(6月1日)から、韓国の釜山で「うなぎの国産的資源保護・管理に係る非公式協議会」が行われています。「非公式」と付けなければいけないのか?という疑問は残りますが、構わず進めます。


ニホンウナギの漁獲や養殖などを行う関係国・地域が協力していく必要があり、継続的に議論を重ねてきました。実は平成24年9月から行われており、今回で第10回目。


記憶になるのは第7回協議で、日本、中国、韓国、チャイニーズ・タイペイの4者の水産当局での内容。

・養殖池への種苗の池入れ量制限

・保存管理措置の適切な実施を確保する為の管理団体の設立

・法的拘束力のある枠組み設置の可能性の検討


こうした内容を共同声明としました。


今回の協議では、上記の共同声明の順守状況や各国・地域が行ってきた管理措置のレビュー、来漁期の池入れ(11月~翌10月)上限などについてフィリピンも含めて協議します。


日本からは、水産庁の生態系保全室長などが参加しているようです。名前は覚えていません・・・・。


今年の丑の日付近は晴れるといいですね。昨年に比べて、値段が下がっています。「去年食べなかったからねぇ・・」っていう需要が爆発してくれれば売上に大きく影響してきます。


自分たちも含めて、こうした下げ相場の時こそ、粗利重視で持っていきたいところです。というか、すでに値決めは終わっていますけど。


皆様も「うなぎ」を食べて夏を乗り切りましょう。




posted by なーたのうた at 15:16| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

ふぐの”乱交”か?大規模な交雑発見!!

ふぐ.jpg

水産研究・教育機構が報告・・・・なんともタイトルとかけ離れた書き出しですが、「ふぐ」がどうやら大変らしい。。。。


同機構は2012年以降、茨城・福島・岩手各県沖で大量に漁獲されるようになった種不明のフグを問題視しており、各県で採取された試料252個体のDNAを調べていました。すると、ショウサイフグとゴマフグの間の雑種149個体を確認しました。


その内訳は雑種第一世代が131個体、雑種第一世代が鈍粋なショウサイフグやゴマフグと再度交雑した戻し交配個体が18固体である事が明らかになりました。インブリード?近親相姦?


このような大規模な交雑種は他の海水魚で観察された事はない!という事で、話題になっています。今後動向を注視し、調査を進めて雑種鑑別目利き技術の開発につなげるとしています。


そもそも、食用とされる”ふぐ”の種類は11種類ありますが、同一種類でも外見の違いの幅は大きく、また良心の種類が異なる雑種も知られています。雑種の場合、良心の種類の見極めが難しく、また毒が存在する部位が両親と異なる可能性がある為、現在は漁獲物から雑種を排除しているのが現状です。


雑種を確実に選別できる技術があれば、作業の効率化や消費者の安全・安心につながる・・・・・という事で先の「雑種鑑別目利き技術」の開発が必要なのです。


人と違って「種の存続」って事にのみ交配するわけですから(たぶん)、身の危険でも感じれば種にとらわれず交配が行われた・・・・なんて仮説がたつのでしょうか?なにか人間のわからない部分での異常事態。なんて考えられますね。



posted by なーたのうた at 11:47| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ