2017年11月11日

米価格の上昇で、コンビニおにぎり値上!

コンビニやスーパーがおにぎりの値上げに動いています。これまで中食などの業務筋は米商品の売価改定には慎重だったんですが、遂にこの時が来たんです。


年末には価格を一段上げた2017年産業務用米への切り替え時期を向かえることになりますので、「店頭価格の値上げ加速」という見方をした方がよいでしょう。


大手コンビニのローソンは10月末に実施。全国約1万2700店でおにぎり商品の一部で値上げをしています。販売量が最も多く、自分もとりあえずこれって手に取る「シーチキンマヨネーズ」は、110円から116円に改訂。定番の「日高昆布」は110円から116円に、紀州南高梅は110円から120円になりました。


高価格帯の「新潟コシヒカリおにぎり」でも同様の対応で、「焼さけハラミ」を168円から198円となりました。価格改定には客離れのリスクがある為、付加価値を高めた上で価格を見直したのだそうです。


東北では見かけませんが、首都圏を中心に300店舗を展開するスリーエフは今年度、おにぎりの価格を見直しています。扱っている約30種類のうち3分の1に当たる商品で、価格を1個当たり5円値上。こちらは「主要な原材料の米の値上がり分を転嫁」と言う事で、客離れを防ぐ理由で、ツナマヨネーズやサケなど定番品目は据え置きしています。


値上げによる利益改善には二つあり、単純に売価を上げる方法と、売価は変えず量を減らす方法があります。関東のある業者ではコンビニやスーパーのおにぎりに対して、4月から、納入価格を据え置いたままご飯の量を5グラム減らし、実質的に値上げをしています。


ちなみに、量目の見直しは、冷害で米価が高騰した2003年以来ということ。ここ数年、銘柄間の価格差が縮んで値頃感のある米を調達しづらくなった、との声や。ブレンドする銘柄の構成を見直すだけでは対応できない」と説明もありました。



日本炊飯協会によると、16年産の業務用米の取引価格は1キロ当たり260円程度。近年で最も安かったのは14年産。ここでは1キロ200円を下回る事もありましたが、年々価格が上昇。値頃な米の不足感が背景にあります。


年末ごろの17年産への切り替わりを見据え、今後も価格上昇や、量目を抑える「実質値上げ」に踏み切るケースが増えると考えています。関東のある大手米卸は「17年産は1キロ300円を超える展開になる」といいます。上昇分は転嫁されて我々にのしかかってきます。


販売価格が変わる事で、消費の減少も懸念材料としてある事から、慎重に行わなければなりません。
posted by なーたのうた at 14:10| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

あの「ドンキ」甲府市に初出店!?

市場関係の話題も聞こえてくる仕事柄、別の件の話題です。


甲府市場内の国道20号線に面した用地を民間に貸し出すという事で、甲府市が貸付先を公募していたのですが、「ドンキ」に内定したようです。あくまでも内定ですけども。


当初は、食品小売や飲食店などを集めて「道の駅」的な施設を計画していたのですが、開発業者の募集に対して2度も悲しい結果となってしまい、この際業種を問わずに公募しちゃえ!とオープンにしていました。


中古車販売業者やガソリンスタンドなどの提案もあった中に、日本アセットマーケティング㈱(ドン・キホーテの資産管理を主にしている会社さん)の提案をみて、「ドンキ来たら甲府市初出店だなぁ」「市へのメリットが見込める」そんな明るい未来を信じて優先交渉権者としたのです。


ドン・キホーテはご存知総合ディスカウント量販店のあのドンキ。ドンキグループが展開する小売店の設置の提案を受けているとの事で甲府市の方々も期待している所かと思います。


もともと市場用地の貸し付け事業は、市場の活性化策として、取り扱い数量の減少し空いている用地を、市場業者が小売りや飲食などの新しいビジネスを展開する事をイメージしていた為、もとあった関連業者の店舗や市の管理事務所の立ち退きを実施してきた経緯があります。


市場の用地利用の一つのモデルケースとなるとの期待もあったわけなのですが、このような結果となったわけです。ドンキによって市にはメリットが出る部分もあるかもしれませんが、市場用地の有効利用の為として立ち退いた方々の意に反した結果と捉えられても仕方が無い話かもしれませんね。


特に怒ってはいませんでしたが、そんな事ぼやいていました。では、また。



posted by なーたのうた at 19:10| Comment(1) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

"タンパク質"に筋肉増加効果が!?

普段からお取引も多い「日水」こと日本水産の生活機能科学研究所が興味深い研究成果を発表しました。


白身魚であるスケソウダラのタンパク質の筋肉増加効果がある事を発見しました。2009年より愛媛大学と研究を開始、現在は立命館大学、東京大学、京都府立大学など7つの大学や研究機関と研究体制を整えて、共同研究を行っています。


その成果として、ラットの試験で筋肉内の瞬発力をつかさどる「速筋」を増やす効果がある事を発見!さらに研究を進め、実用化に向けた研究に着手したのです。先日開催された「日本アミノ酸学会」で発表されました。
20170715211634997.jpg






★ 続きを読む ★
posted by なーたのうた at 20:41| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

28年ぶり・・・値上げの「鳥貴族」

280円均一の鳥貴族
ですが、28年間以上維持してきた全品の280円均一を2017年10月1日~変更。中長期的な人件費の上昇や天候不順による食材価格の高騰に加えて、酒税法改正の影響も見越した判断としています。


改定後の価格はと言うと全品298円となり、一人2800円で提供していた飲み放題・食べ放題のコース価格も2980円に変更です。


考えてみれば、2016年10月に使用食材すべての国産化を実現しています。デフレ下での勝ち組と評価されている鳥貴族の値上げは、苦渋の決断でもあったのではないかと・・・。


ギリギリ300円を超えない改定がどのように影響してくるのか?と言うところが見所です。過去にも値上げによって暗転させたチェーンも多くあります。9月に発表した7月期決算では、5年ぶりの増収減益を伝えています。


悲鳴を上げるほどの値上げじゃないと思います。10個オーダーしていたのを9個にすればいいんです(笑)全くどこ吹く風的なコメントですが、近くにないんです。


出張で出かけた先で立ち寄ってみたいです。



posted by なーたのうた at 21:37| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

90歳以上が200万人の日本

敬老の日にちなんで総務省の発表データから、90歳以上の人工を調べてみました。


9月15日時点で200万人を越えて206万人となっています。前年より14万人増えての数字です。


敬老の日も一日じゃ足りなくなってくるんじゃないですかね(笑)


ちなみに仕事についている65歳以上の高齢者は770万人と過去最多になっています。


全就労者における65歳以上の就労者の割合は11.9%で一割を越えています。役割として必要な地位とされていることが多いのではないでしょうか。


高齢者と言えどまだまだ勤労意欲が高いという裏付けなんだと思いますし、正直頼っている現状もあるのだと思います。


受け入れる企業も増えている訳ですが、国内の高齢者は3514万人。総人口に占める割合は27.7%。もちろん過去最高。


欧米主要6ヵ国との比較では日本がもっとも高く、次いでイタリアの23.0%、ドイツが21.5%と続きます。


変えることができない流れですから、時流に合わせた形に世の中も変わっていくのだと思います。


取り残されないように先をイメージしながら頑張りたいですね。



まとめてみると……

65歳以上の高齢者は3514万人
うち、90歳以上が206万人
高齢者比率は27.7%

働く65歳以上は770万人



これが日本なんですね
posted by なーたのうた at 09:28| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ