2019年07月08日

新製法「ノンプリフライ」を開発!

各社の秋の新商品が出てくる時期ですね。今回はマルハニチロさんの新商品から。


冷凍の揚げ物商材の新しい加工方法として「ノンプリフライ製法」を開発して秋の新商品として発売します。


スケソウたらを使った業務用商品「揚げるだけ白身天ぷら」の投入です!冷凍食品ってほとんど最終調理の段階で油で揚げるものでも、衣を付けて固めるために軽く揚げています(プリフライ)。しかし「ノンプリフライ製法」では、独自開発の油で揚げなくても固まる衣を使う事でこの工程を省略する事に成功しています。


何が変わるかっていいますと、美味しさの向上と生産コストの削減という双方にメリットを出すことに成功しています。


発売は8月からですが、船上凍結のスケソウダラを原料として加熱回数が減った事でおいしさを保持するこの製法は特許出願中との事。


これを機に他の魚種や調理法への展開もありそうですね。内部情報では「えびフリッター」が有力視されているようです。


posted by なーたのうた at 18:21| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

「おひとりさま」を狙う外食産業!?

外食産業のトレンドを読み解いてみますか。


最近の新卒の若者たちの休日とか聞いても、なんとなく納得するような内容となりました。


一人焼肉チェーンや一人ステーキ店チェーンが増加し、競争も激しくなってきているのが今の業界。やっぱり需要が増えているのでしょうかね。


情報元は「CREST」という外食・中食市場の情報サービスです。


業態別の一人客の比率


いちばん高いのは「ファストフード」で、2018年度は来店者の52%が一人客。これはわかる。以外にも「トンカツ店」が一人客比率27%と4組に1組は「ひとり」という事。あれですかね、ビジネスマンのランチとか?


ちなみに「ファミリーレストラン」が18%、「ステーキ店」13%、「居酒屋」12%、「焼肉店」6%、となっています。


多くの業態で、この5年間で一人客比率が急増しているわけではない結果です。


ですが、ステーキ店においては「いきなり!ステーキ」の影響でしょうかね、上昇しています。話題の一人焼肉ですが、いうほど人気と言うわけではないです。「おひとりさま」市場はハードルが高いんでしょうか。


視野を広げてみると、コンビニ、スーパーのイートインは一人客比率を大きく伸ばしています。ニーズとしては「おひとりさま」があるんです。需要はあるものの、食べたいものと入り易い雰囲気が一致していないのかもしれませんね。


どうしてもコンビニなどでささっと食べられるもので妥協してしまうほど、無意識に敷居を感じているかもしれません。


外食産業としてこの、潜在的な需要を「逃すわけにはいかない!」と、違う業態を立ち上げたりいろいろと販促を行っているという事なんです。SNSでの情報発信も若者には大きく影響を与えていると思います。


前々年から定期的に採用している新卒者も、休日は基本「おひとりさま」行動みたいですね。まぁそんなもんでしたかね。


独身のうちが華ですよ・・・

posted by なーたのうた at 07:33| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

令和初のGWは「自転車の練習」が5人に1人!

トイザらスのアンケート結果から、面白い結果をご紹介します。


人気のお出かけ先

1位 ショッピングセンター
「まさかの屋内!」

2位 公園 子供との体験重視
「こういうの期待してた」



日本トイザらス株式会社のアンケートは、全国の6歳以下の子どもを持つ男女500名を対象に「令和初のGWの家族の過ごし方に関する調査」という形で、実施されました。


話したり、書いたりしたいだけですが、「令和」初となる今年のGWの過ごし方として、「旅行しない」という家族が7割近くという結果でした。近場のお出かけ先としては「ショッピングセンター」や「公園」が上位にランクイン!


10連休も普段の休日と同様の過ごし方をする人が多いという事なんでしょうね。


さらに突っ込んだ質問で「公園」の過ごし方としては、ただの遊びだけでなく「自転車の練習」を予定する親子も多く、GWに自転車デビューを目指す傾向が明らかになりました。


という事で、トイザらスの自転車バイヤーが子ども用の自転車の選び方のポイントやGWにおすすめの自転車の練習方法などを戦略の一つとして活動しています。


最後に具体的な数値的な報告

調査結果

1. GWに旅行 半数近くが「ほとんどしない・したことがない」(47.4%)

2. 令和初のGW 「遠方へ旅行する」と回答した人はわずか3割(31.2%)

3. 近場のお出かけ 人気スポットは「ショッピングセンター」(70.5%)、「公園」(60.3%)

4. 公園での過ごし方 1位は「遊具で遊ぶ」(86.2%)自転車の練習をする親子も(19.1%)

5. 4歳以上の子ども、8割以上が自転車を「持っている」(83.1%)



自転車の練習が多く語られましたが、すでに持っている家族が大半です。売上が気になるところですね。



posted by なーたのうた at 17:47| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

モノレールをジャック!?ニチレイ

千葉駅と千葉みなと・県庁前・千城台の間を結ぶ千葉都市モノレール線で、3月27日からニチレイのラッピング電車が運行を開始しています。


ニチレイは、地域社会とのつながり強化の一環として、工場や大きな事業所の所在都市で、バスや路面電車のラッピング広告を実施しています。デザインなどは社内から公募するなどして準備を進めていたのです。


「おいしい瞬間を届けたい」そんなコメントの入ったニチレイ電車。のってみたいですねぇ。


実は、千葉都市モノレールは、走行輪が屋根上にある懸垂式を採用していて、路線長はギネス世界記録に認定されています。


通常の鉄道と比べ、沿線から車両が非常に目立つ事から、様々なラッピング車両が走っています。


今回、ニチレイはグループ技術開発センターが千葉みなと駅最寄りということから、このモノレールに手を出したんですね。


「手を出した」の言い方、、、、、(笑)


デザインはというと、ニチレイグループが扱う商品、サービスをパステル画タッチで描いており、クリーム色のやさしい色合いになっています。


本社の所在地、中央区で走る「江戸バス」をはじめとして、6都市目のラッピング車両です。日本の公共交通機関をニチレイで埋めるのはいつの日か?



posted by なーたのうた at 12:10| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

「簡単スープ粥」がヒットの予感!

ひそかに流行っている「お粥」皆さんはお好きでしょうか?


消化がよくやさしい味わいの白がゆはホテルや旅館の朝食でも人気が高いんです。また、訪日外国人対応としても必須のメニューとなっています。


ですが、白粥を用意するのは調理の手間がかかるうえ、廃棄ロスの問題も悩ましいと良く聞きます。そこで、注目したい商品がエバラ食品の「サッと粥」です。

業務用 サッと粥 500g

価格:2,570円
(2019/3/7 19:45時点)



ただのお粥ではなくて、さらさらふわふわの食感が特徴的で、スープと合せるとその魅力が一層際立つ商品。


白がゆは物足りない!って方はトッピングもいろいろ楽しめますが、この「サッと粥」でつくるスープ粥は味わい深く手軽に完成します。


お湯またはスープと合せて30秒混ぜるだけで完成する乾燥粥の素。調理の手間と必要な時に必要な分だけさっと作れるという点が人気を呼んでいます。


もちろん業務用での使用率も増えてきていますが、ご自宅で食卓に出す場合にも大変重宝します。消化の弱った時などに必要な分だけ作る事が出来ます。しかも短時間で!


他と別格と評価する「サッと粥」ですが、一般的なお粥と何が違うのか?って事になりますが、ベトナム産の高アミロース米を使用している為に、もったりとした米粒感のある従来のお粥に対して、口当たりがさらさらふわっとした食感に仕上がります。


心地よいその「食感」と「喉ごし」は、シンプルに白粥としてもOKですが、スープと合せて味付きの「スープ粥」がつくづく美味しい!(笑)


具入りのスープと合せてもいいですね。何種類かのスープを用意しておけば、お粥ビュッフェが完成です。メニューの幅も広がります。


日本が誇る白がゆも悪くないですが、さらさらふわふわのスープ粥は独自の魅力とオリジナリティを演出します。


爆発的に広がりそうな予感です。


そんな事から、外食産業の他、介護施設なんかでも引き合いは増えています。高齢者向けのやさしいお粥にもぴったりですよ。

業務用 サッと粥 500g

価格:2,570円
(2019/3/7 19:45時点)









posted by なーたのうた at 20:01| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ