2018年04月15日

骨なし魚のパイオニア「大冷」の不祥事

骨なし魚のパイオニアとして今なお先頭を走る、株式会社 大冷 ですが、この前東証1部上場しました。その前から「上場するんだ!」って意気込みを商談する時聞いていまして、だいぶ苦労もしたようですね。


上場したからには業績は落とせないわけですから、なかなか交渉も難航だったりしたものですが、うまく伸ばしていっているものだと思っていましたが、、、、、業界新聞に載っていたってことで、うちの社長も言っていました。


自社の工場を持たないメーカーである㈱大冷ですが、下請工場などにムリな要求をしたり取引上の立場を利用して「不当」とされる条件を付けて取引をしていたんだそうです。


具体的には、クレーム対応代行料だとか、販促拡売費だとかなんとか、あれこれ請求していたのだそうです。最近は水産原料も随分高くなって非常に厳しい状況が輪をかけて、どうにか利益を確保しなければならない追い詰められたところから発生したのかもしれませんね。


昔もあったようですが、上場する為に一度やめたはず。こんな明細あったら上場できませんからね。もしかしたら最近再発したのかもしれません。


もちろん公取(公正取引委員会)が捜査に入りました。不当に請求した額(数億だか数十億だか)を返還する事になったそうですが、これって結構なダメージだと思います。


うちの社長に聞いてみました。「その他に影響ってでないんですか?」すると、株価の事も言っていました。株の事はあまり詳しくないのですが、調べてみると・・・

かぶか.png

よくわかりませんが、いちばん右の数字が落ちてきています。ちょっと前のデータだったので新しくグラフも見てみると
かぶか2.png

たしかに、4月入って急に落ちています。


直ちに会社がどうにかなってしまうわけじゃないと思いますが、企業イメージは非常に悪くなったでしょうね。公取が入ったからには再発防止を打ち出さなければいけないので、次は無い状態に追い込まれます。


強く言えない立場となるわけですが、急に値上とかしてこなきゃいいなぁって感じます。


ちなみに、この件の発覚は不当な要求を押しつけられていた下請けの工場からの告発。もう我慢できない!と言う事で、告発したんです。その工場だって多くの人を雇っているんですから、無理な要望で苦しむ事はできませんから。


公取は120%弱者の味方です。弱者というと言葉が悪いかもしれませんが立場上「請け負う」というものの見方になります。


自分も商談して商品を決める立場なので、威張って不当な要求をしていないか振り返ってみる事も必要なのかな?



posted by なーたのうた at 14:39| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

私の気分・・・日替わりですから!ワインの選び方

女の気分は、日替わりですから


そんなうたい文句でやってきた新商品。「いや、ごめん。当たり前に気分は日替わりなんですが・・・」と自分は言いたかった。


パッケージデザインが注目を集めるポイント。30代、40代の女性をイメージしたという事。
wainn.png

なんでしょう?ワインを飲んだ時の感想が、女子会トークのような自然な言葉でちりばめられています。


「LFE(ルイス・フェリペ・エドワーズ)ハーフボトル2本セット」
こちらが持ち込まれた新商品。食やファッションなどに感度の高い年代をターゲットにした、これまでのワインの選び方とは正反対の「フィーリングで選ぶ」という新しいスタイルのワインです。


売り場でパッと目に飛び込んでくる華やかで楽しいパッケージ。LFEはチリを代表する家族経営のワイナリーです。
そこの上質なワイン5種類のハーフボトルを2本ずつ組み合わせています。


パッケージには「SHINY」「RICH」などそれぞれのワインのイメージを一言で表すキーワードがはいっています。


正統派のワインの表現とは異なる女子会トークで表現されたワインの説明は、より気軽に楽しく、その日の気分でワインを選べるようにというアイディアから生まれたのだそうです。


ちなみに正統派のワインの表現とは、産地やブランド、ぶどう品種や味の特徴といったスペック。こだわりのポイントが様々あると思います。


なかなかおしゃれなワインですね。贈り物にも丁度いいかもしれません。お試しください。
2017年10月から発売中です。
ハーフボトルセット(アマゾンより)




posted by なーたのうた at 17:56| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米価格の上昇で、コンビニおにぎり値上!

コンビニやスーパーがおにぎりの値上げに動いています。これまで中食などの業務筋は米商品の売価改定には慎重だったんですが、遂にこの時が来たんです。


年末には価格を一段上げた2017年産業務用米への切り替え時期を向かえることになりますので、「店頭価格の値上げ加速」という見方をした方がよいでしょう。


大手コンビニのローソンは10月末に実施。全国約1万2700店でおにぎり商品の一部で値上げをしています。販売量が最も多く、自分もとりあえずこれって手に取る「シーチキンマヨネーズ」は、110円から116円に改訂。定番の「日高昆布」は110円から116円に、紀州南高梅は110円から120円になりました。


高価格帯の「新潟コシヒカリおにぎり」でも同様の対応で、「焼さけハラミ」を168円から198円となりました。価格改定には客離れのリスクがある為、付加価値を高めた上で価格を見直したのだそうです。


東北では見かけませんが、首都圏を中心に300店舗を展開するスリーエフは今年度、おにぎりの価格を見直しています。扱っている約30種類のうち3分の1に当たる商品で、価格を1個当たり5円値上。こちらは「主要な原材料の米の値上がり分を転嫁」と言う事で、客離れを防ぐ理由で、ツナマヨネーズやサケなど定番品目は据え置きしています。


値上げによる利益改善には二つあり、単純に売価を上げる方法と、売価は変えず量を減らす方法があります。関東のある業者ではコンビニやスーパーのおにぎりに対して、4月から、納入価格を据え置いたままご飯の量を5グラム減らし、実質的に値上げをしています。


ちなみに、量目の見直しは、冷害で米価が高騰した2003年以来ということ。ここ数年、銘柄間の価格差が縮んで値頃感のある米を調達しづらくなった、との声や。ブレンドする銘柄の構成を見直すだけでは対応できない」と説明もありました。



日本炊飯協会によると、16年産の業務用米の取引価格は1キロ当たり260円程度。近年で最も安かったのは14年産。ここでは1キロ200円を下回る事もありましたが、年々価格が上昇。値頃な米の不足感が背景にあります。


年末ごろの17年産への切り替わりを見据え、今後も価格上昇や、量目を抑える「実質値上げ」に踏み切るケースが増えると考えています。関東のある大手米卸は「17年産は1キロ300円を超える展開になる」といいます。上昇分は転嫁されて我々にのしかかってきます。


販売価格が変わる事で、消費の減少も懸念材料としてある事から、慎重に行わなければなりません。
posted by なーたのうた at 14:10| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

あの「ドンキ」甲府市に初出店!?

市場関係の話題も聞こえてくる仕事柄、別の件の話題です。


甲府市場内の国道20号線に面した用地を民間に貸し出すという事で、甲府市が貸付先を公募していたのですが、「ドンキ」に内定したようです。あくまでも内定ですけども。


当初は、食品小売や飲食店などを集めて「道の駅」的な施設を計画していたのですが、開発業者の募集に対して2度も悲しい結果となってしまい、この際業種を問わずに公募しちゃえ!とオープンにしていました。


中古車販売業者やガソリンスタンドなどの提案もあった中に、日本アセットマーケティング㈱(ドン・キホーテの資産管理を主にしている会社さん)の提案をみて、「ドンキ来たら甲府市初出店だなぁ」「市へのメリットが見込める」そんな明るい未来を信じて優先交渉権者としたのです。


ドン・キホーテはご存知総合ディスカウント量販店のあのドンキ。ドンキグループが展開する小売店の設置の提案を受けているとの事で甲府市の方々も期待している所かと思います。


もともと市場用地の貸し付け事業は、市場の活性化策として、取り扱い数量の減少し空いている用地を、市場業者が小売りや飲食などの新しいビジネスを展開する事をイメージしていた為、もとあった関連業者の店舗や市の管理事務所の立ち退きを実施してきた経緯があります。


市場の用地利用の一つのモデルケースとなるとの期待もあったわけなのですが、このような結果となったわけです。ドンキによって市にはメリットが出る部分もあるかもしれませんが、市場用地の有効利用の為として立ち退いた方々の意に反した結果と捉えられても仕方が無い話かもしれませんね。


特に怒ってはいませんでしたが、そんな事ぼやいていました。では、また。



posted by なーたのうた at 19:10| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

"タンパク質"に筋肉増加効果が!?

普段からお取引も多い「日水」こと日本水産の生活機能科学研究所が興味深い研究成果を発表しました。


白身魚であるスケソウダラのタンパク質の筋肉増加効果がある事を発見しました。2009年より愛媛大学と研究を開始、現在は立命館大学、東京大学、京都府立大学など7つの大学や研究機関と研究体制を整えて、共同研究を行っています。


その成果として、ラットの試験で筋肉内の瞬発力をつかさどる「速筋」を増やす効果がある事を発見!さらに研究を進め、実用化に向けた研究に着手したのです。先日開催された「日本アミノ酸学会」で発表されました。
20170715211634997.jpg






★ 続きを読む ★
posted by なーたのうた at 20:41| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忙しいビジネスマンに今話題の食スタイル

旬の手作りおかずをお届けする「わんまいる」の通販サイトです


販売実績累計50万食!国産野菜100%の手作りおかずを中心に、ご自宅に居ながら全国のご当地グルメ・専門店の味を1品から楽しめる食のセレクトショップです。