2019年11月17日

持続可能な水産資源を目指しめっちゃ語る

多少、業界の話をします。「東京サステナブルシーフード・シンポジウム(TSSS)2019」が開催された件。TSSS????


2日間にわたりトークセッションが繰り広げられるもので、その数30以上!登壇するスピーカーの方だけで100人前後。持続可能な水産業のあり方を考える日本最大級のイベントとなりました。認知度も上がって来たでしょう、SDGs達成に向けて世界的関心が高まるなかで、70年ぶりに改正された漁業法により日本の漁業がどう変わるべきか?というテーマが多くのスピーカーから出たように感じました。


また昨年と同じく、流通小売のイオンだけでなく、国内外に27万人の従業員を抱えるパナソニックなど、影響力を持つ大手企業がサステナブルシーフードをいかに導入・普及させようとしているかの報告がありました。ほかにはESG投資の観点から、水産企業の魅力とリスクについて国内外の金融調査機関研究者が見解を披露するシーンもありました。


とにかく、いろんな単語がバンバン空気中を飛び回るイベント。興味の持てる部分だけ聞くようにしないとパンクします(笑)


そんな2日間から抜粋して、1日目の冒頭。特別講演には、環境保全をライフワークとする宗像大社・葦津敬之宮司、環境省の鎌形浩史事務次官、東京都の小池百合子知事のほか、水産庁、外務省の担当部署責任者を招きました。小池都知事は、来年の東京オリンピックのホストシティとして環境問題には使命感を持って取り組む!と強調していましたし、とくに世界6番目の排他的経済水域を保有する日本の中でも、島しょ周辺海域などその4割を占める東京都の漁業推進には海洋プラステイック削減の行動が欠かせないことなどを熱弁しました。


ほかに興味を持った部分としては、日本では漁業生産量が著しく減少しているのに対し、世界的には倍増し、ノルウェーやアメリカなど資源管理の徹底と同時に漁業者の所得が向上している実情の報告。日本の改正漁業法下でいかに行政を進めるかが議論されました。


マルハニチロと日本水産の担当責任者が水産のリーデイングカンパニーとしての取り組みを紹介するセッションもありこれはおもしろかったです。


イオンからは、サステナブル水産物(持続可能な水産物)の調達を開始し14年経過しその成果について。これらはコスト高と考えられがちですが、「安全管理は大前提とし、そのうえで安心感ある食品の提供を考えると、国際的第3者機関認証商品を扱うことがコスト面でも一番効率的」という見解に合せて、「企業として望ましい行動をしているかが安心感の裏づけとなる。結果、水産品の販売金額は減ったが、そもそも事業目的は文化継続とサステナブルの実現と考えている」と、目的と手段を取り違えないブレない志を披露しました。さすが、イオン!(忖度)


まぁ語っても長くなる熱い2日間、机上論だけでなく現場のついていける取り組みを続けて欲しいですね。
ぎょぎょう.jpg
posted by なーたのうた at 14:42| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

水の災害は、秘密裏に進んでいる


直近でも「水」にまつわる災害が多く発生しています。生きるために必要不可欠な「水」が、命を奪う事もあります。


そんな「水」に関して、粛々と秘密裡に秘密裏に進められている事・・・・


水道事業の民営化、、、、


多くの意見が寄せられています。そしてこれは、自分たちの身の回り、、、というか、すぐそこです。


宮城県で問題となっている民営化についてのブログです。ぜひ、ご覧になって真実を確認してください。
https://miyagi-suidou.hatenablog.com/entry/2019/10/13/160803


どういう事が起ころうとしているのか?そして、実際に民営化されるとどのような事が起こるのか?


昨年のこと、2018年12月6日、水道事業を民営化しやすくする改正水道法が可決され成立しています。改正案は7月に衆院を通過し、11月に参院で審議入りしていたものです。


国会での審議の際の内容を抜粋しますが、日本の浄水設備の多くは1960年代から70年代の高度経済成長期に建設されたもので、今後も老朽施設の更新需要は年々増加していくという事。


現在、耐用年数40年以上を超える水道管は約10万km、これは地球2周半に相当します。更新費用は1kmあたり1億円以上もかかるそうです。


これを早急に対処しなければならないのですが、現状ではかなり困難な状況なのだと。政府の見解では老朽化した水道管の更新のための「資金・人材」が不足している、、、、だから、、、


だから?


これまで日本の水道運営は、企業会計原則に基づく地方公営企業法上の財務規定が適用されるため、独立採算で運営されていて、原則として水道料金収入と地方自治体が発行する企業債(地方債の一種)で水道事業の運営・更新費用などが賄われてきました。


こうした費用面の事など自治体が練りに練って「民営化」を打って出た宮城県にスポットを当てています。


だってすぐ隣ですから、、、、人ごとじゃない!現状を伝えたい!
posted by なーたのうた at 15:09| Comment(1) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

おいしくなったと思う冷食ランキング

マルハニチロさんのネットリサーチ結果。


集計時期は2019年9月18日~9月19日の2日間


全国の20歳~59歳の男女で、月に1回以上冷凍食品を利用する人に対して行った「冷凍食品に関する調査2019」1000件の回答からランキングを紹介します。


●昔よりおいしくなったぁ・・・と思う冷凍食品

1位 ぎょうざ  28.8%

2位 からあげ  26.4%

3位 チャーハン 24.6%

4位 ハンバーグ 23.7%

5位 コロッケ  17.8%


このような結果となりました。男女ともに500件ずつのサンプルデータですが、男女では1~5位までの順位に違いがあるものの、アイテムは同じものでした。


男女で差が表れたのは6位以下!面白い結果でした。


    男性     女性
6位  とんかつ   パスタ
7位  メンチカツ  ピラフ
8位  ピラフ    しゅうまい
8位  しゅうまい  焼おにぎり
10位  魚フライ   うどん


このような結果です。


どっちが男性、女性って中身だけみてもわかるような気がしますね。


子どもがいる人(456名)に、子どものおやつに最適だと思う冷凍食品を聞いたところ、1位「パンケーキ・ホットケーキ」(31.8%)、2位「たい焼き」(30.0%)、3位「今川焼」(26.1%)、4位「たこ焼き」(20.8%)、5位「ワッフル」(20.6%)となりました。


さらに、実際に購入するときに、意識している点はどういってところでしょう。


普段、冷凍食品を自身で購入する人(966名)に、「冷凍食品を購入するときに、気にかけていること」という問いについては、1位「価格の安さ」(72.6%)、2位「おいしさ」(69.3%)、3位「内容量の多さ」(41.9%)、4位「国内生産であること」(26.0%)、5位「調理が簡便であること」(24.6%)となりました。


値段や味を意識して買うという人が多い結果でした。そのほか、「使い切れる容量や個数」(14.3%)や「小分け包装であること」(13.5%)が上位に挙がりました。


男女別にみると、「おいしさ」(男性63.2%、女性75.1%)や「調理が簡便であること」(男性18.5%、女性30.6%)、「小分け包装であること」(男性8.0%、女性18.8%)では男性と比べて女性のほうが10ポイント以上高くなりました。


あなたの意見は多数派でしたか?
posted by なーたのうた at 12:15| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

モンハンとコラボ!?した食品メーカー

マルハニチロさんの家庭用冷凍食品はご利用頂けてますか?


缶詰のイメージも強いかもしれませんが、家庭用冷凍食品「WILDish」シリーズは熱いですよ。


今回、カプコンの人気作「モンスターハンター」シリーズの最新作「モンスターハンターワールド:アイスボーン」とのコラボデザインパッケージを発売しています。


これね、ファンの方ならもちろん情報が入っていると思いますが、オープンキャンペーンとクローズドキャンペーンと2種類のキャンペーンがあるんです。


オープンキャンペーンは、なんとほぼ等身大フィギュアオトモアイルーレザーネコシリーズが当たるキャンペーンになっています。応募期間は2019年10月1日~2020年1月31日まで。


そしてクローズドキャンペーンはモンスターハンターワールド:アイスボーンが当たるキャンペーンになっています。同期間で応募を受け付けています。

こちらからマルハニチロさんのページにいけます。


WILDishシリーズですが、うっかり神栄さんのWorldishっていう凍菜などの新ブランドかと思ってしまいましたよ。まぁ神栄がモンハンとコラボなんてできっこないよな、、、、


そんなお得情報でした。


後日はこんな冷食アワード「フローズンアワード 冷凍男子冷凍女子 総選挙2019」でも話題にしたいと思います。いや、11月30日までやってますから。





posted by なーたのうた at 19:23| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

税金って罰金?

税金って国に発展のために、国に納めるおカネ。


日本に住んでいるみんなで、この日本を支えるおカネ。



と、思っていたのですが、過激でありながら納得してしまった書き込み


「税」って「罰金」でしょ?


おっ!
って。


タバコとか吸わない方がいいよって、それでも吸うのなら別に税金掛けますね、ってことだし。ある程度減少させるために税金をかけている節がある。


事実、税金を上乗せする事で消費が減少する。ならば、消費税も???


2014年の増税時も消費が減少。8兆円も。


ラベル:話題に触れる
posted by なーたのうた at 13:19| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ