2020年02月12日

野菜がどんどん安くなっている理由

異常気象により、野菜の価格が高騰!!先行き不安!!なんて話もあった気がしましたが、記録的な暖冬による野菜出荷の増加で、産地や食品スーパーが対応に追われている状態。


ハクサイやブロッコリーなどの生育が進み、産地は収穫作業を急いでいるんです。小売価格も平年を下回り、食品スーパーは売り上げの確保に苦慮しているって騒いでいます。


たとえば、ブロッコリーがどんどん大きくなると、規格外のサイズになってしまい早く出荷してしまわないといけません。こうした現場の声通り、JA香川県管内の1月の販売量は前年同月を大きく上回っています。


東京市場の入荷量も6割増えた事がさらに売らずけています。茨城県でもこの時期に生産が多いハクサイの収穫に追われています。日中の高い気温で葉や茎が育ち、「中心から茎が伸びればもう商品にならない」そんなコメントも頂きました。実はこの産地では2019年に台風被害に見舞われ一時は供給が滞ったのですが、年明け以降はこれまでの不足を補う豊作ぶりとなっています。


野菜の生育を後押しするのは記録的な暖かさにあります。気象庁によると1月の東日本や西日本の気温は、調査を始めた1946年以降で1月として最も高かったのは体感できるところだと思います。


もうひとつ、雪の下の隠して冬を越す野菜なんかも、雪がないですからボンボン出荷していかないといけないという話もあります。


もちろん産地からの出荷が増え青果市場での卸値は下落します。1月の東京市場の野菜全体の卸値は、1キロ234円と平年(15~19年の平均値)と比べて約1割安くなっています。特に冬野菜の値下がりが目立ちキャベツやダイコン、ハクサイなどが平年より1~4割安いようです。


これを受けて農林水産省は「野菜を食べようプロジェクト」を立ち上げています。野菜のいろいろなレシピを紹介し、どんどん消費してもらおう!という考えです。


小売価格が下がれば、食品スーパーは頭を悩ませます。数量を多く販売しなければ利益がでない訳ですから、実績は落ちてしまいます。安いからと言って量が増えるわけでもありませんからね。私たちの胃袋の大きさは変わりません。


1月は本来、鍋物商材が売れる時期です。ネギやハクサイは安いうえ、売れ行きも鈍く、消費増税や節約志向、食品ロスの削減意識も高まるなか、買い物は最低限という意識が高くなった事もあるでしょう。「日持ちがしない生野菜は安くても買う量はそう変わらない」という事です


あるスーパーでは中心に置く品目を、セロリやトマトなどサラダに使う野菜や春野菜に変更したそうです。さらに水気の多いかんきつ類を目立つ位置に並べ、購入を促しています。売上の構成比を操作して確保すべき利益を得る考えですね。


野菜の生産地は懸念を強めています。例えば、ハクサイ産地の茨城県でも出荷は平年より1~2週間早い為、南の産地から北の産地へ、野菜や果実は季節で主要産地が「リレー」のように移り変わり、市場に適正な量の作物が流通する仕組みになっているのですが、供給時期がずれれば産地リレーがうまくいかず、他産地と時期が重なってしまうかもしれません。


そうなれば市場価格が一段と下落し、生産者の収入に響いてきます。逆に、「無いとき無い!」って事になります。


前倒し出荷は供給の終わりも早まるため、次の産地の供給が間に合わないことが発生し、市場で品薄となった結果、価格が上がるかもしれないのです。


冬の暖かさは春野菜の食味にも影響しやすいですから、ひょっとしておいしい野菜を安く買えるのも今だけかもしれませんね。
posted by なーたのうた at 13:15| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

中国産わかめの闇 語ります

あくまでも個人的な見解です。同じ意見を持った大手企業が発表したら、業界の流れが変わるばかりか物流自体も変化し、国際問題になりかねないですからね。


すでに業務用・市販用のバイヤー間では黙りながらも周知の事実かと思いますが「中国産わかめがヤバい」事になっています。


何がヤバいのか。値段が下がるでしょうね、、、、現物がそれなりに多くあるから。なぜ多くあるのか?乾燥わかめ大手企業が中国産のわかめから撤退を決めたからです。工場も置き去りで。


中国産を手放した某メーカーは輸入わかめを韓国産に絞ります。もちろん国産わかめも残りますが、価格的に勝負できるわかめは「韓国産」になるわけです。


撤退後の原料・工場はもちろん次のメーカーが引き継ぐのですが、だぶつく中国産を武器に安価で市場を広げようとするのではないでしょうか。後継メーカーはネットで調べたら理研より先に出てきましたね。


中国産わかめから大手が撤退する理由なのですが、これによって今まで通りの中国産の価格では売れなくなる可能性も多いにあります。メディアが騒ぎ出すとおしまいでしょうね。


中国産わかめから手を引いた理研ビタミンは、中国産わかめの品質・安全性という面で以前から懸念されていた部分が表に出てくる前に手を打ったのです。


それは、残留農薬。。。。。分解されずに蓄積される農薬は海に生息する海藻に蓄積されてきます。わかめも例外ではありません。定期的な調査によって年々残留度が高まる数値に我慢しきれず撤退という決断をしました。


株主としても冒険ですよね。売り上げは間違いなく下がるでしょう。まぁその分の対策もされての上で次期を向かえますけど。


もちろん商品として各社が流通させていますから身体に影響が出るレベルではないはずですが、時間とともに改善されるものでもない為、損得ではなく善悪で判断されたのでしょう。


来期の売上に影響はもちろん出ます。株価も気になります。スーパーのドレッシング売り場を見てもわかめのダウン分を賄える勢いではありません。では、なぜわかめに残留農薬がでてきたのか?


話を少しそらしますが、高級中華料理のメニューとして登場する「ナマコ」。「フカヒレ」「鮑」などと並び高級食材の代名詞ですよね。
無題.png

栄養価の高さが人気のひとつで、体への滋養強壮作用が抜群とされています。健康志向からも人気は高く保たれています。この乾燥ナマコを養殖する為に、海周辺では生産者が多くおり、大きな水槽で養殖しています。


高級食材となるナマコを育てる大きな水槽にコケなどが付いてしまったらいけないので、お薬を入れてコケなどが付かないように細心の注意を払って育てます。そして養殖されたナマコは高級食材として販売され、生産者も商売ができて美味しい料理も食べられるという事です。


お薬を投入した水槽の水はどうなるの?まぁ目の前の海に流しますよね。捨てますよね。お薬入ってますよね・・・・


地図がないのでイメージしづらいかもしれませんが、湾になっているので大きく海水がかき混ぜられる事もなく、お薬たちはどんどんと海洋生物たちに蓄積されていきます。


この状況に危機感を感じた某メーカーは「中国産わかめ」からの撤退を決めたのです。


先に話したと通り、業界のバイヤーたちはこの事実を把握しており年々売り場の面積を縮小させてきています。もちろん海水温の上昇などを受け国内のわかめ事情もよろしくないわけで、韓国産に至っても自国消費が旺盛な為、昔みたいに安く手に入れられるものでも無くなってきました。


ぶっちゃけ、中国産を販売している販売店なども「このまま中国産需要が無くなったら、どうやっても捌ききれない在庫ができてしまう・・・」と嘆いている話もあります。



最後に、、、、これウラが取れているのかどうかは伏せておきますが、噂ですが「謎の肺炎」って騒いでいますよね。日本でも確認されました。いちばん初めに発症した国、地域、職業ってご存知でしょうか。


今回のわかめ話の最後に持ってくるって意味、おわかりいただけたでしょうか。


これは噂ですよ。。。。
posted by なーたのうた at 07:50| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

食品産業もったいない大賞!とは?

食品等流通合理化促進機構が、第7回「食品産業もったいない大賞」の農林水産大臣賞、食料産業局長賞など各賞の受賞者を決定しました。


表彰式及び受賞者による事例発表会は2020年2月6日午後1時から千代田区立内幸町ホールで開催します。


まぁSDGsとか認知度が上がってきたところだと思いますが、関連する部分はありますね。食品産業の持続可能な発展に向け、地球温暖化・省エネルギー対策の一環でもある「省エネルギー・CO2削減」「廃棄物の削減・再生利用」「教育・普及(消費者に最も身近な食品を通じてこれらの啓発を促す)」などの観点から、顕著な実績を挙げている食品関連事業者や食品産業によるこうした取組みを促進・支援している企業、団体及び個人に対して表彰を行います。


気になる受賞者はこんな感じです。

▽農林水産大臣賞
石川県立翠星高等学校「農業の未来を変える『廃棄果皮0(ゼロ)システム』の構築と普及」
果汁搾汁後のユズの果皮を用いたピール煮を開発。地元食品企業とも連携し、これを用いた和洋菓子等を開発・販売、廃棄物を原料として無駄なく活用する「廃棄果皮0(ゼロ)システム」を構築。また、果皮を活用して6次産業化に取り組みたい生産者に対する技術指導にも取り組んでいる。


▽農林水産省食料産業局長賞
①ウム・ヴェルト、農業法人アグリファーム、フロイデ「食品リサイクルをコア事業とした地方創生計画実行中」

②コープデリ生活協同組合連合会「『みらいにつなぐもったいない』フードチェーン全体でもったいないアクション!」

③キユーピー、キユーピータマゴ「未利用資源としての卵殻および卵殻膜の価値探求と食と健康への貢献」


▽食品産業もったいない大賞審査委員会委員長賞
①ダイエー「お客さまとともに~食品ロス削減に向けたフードドライブ活動」

②クラダシ「SDGsの重要課題食品ロス削減に向けて~日本初・最大級の社会貢献型ショッピングサイトKURADASHI.JPがサステイナブルな社会を創る」

③紀州ほそ川「物のブランド化をもたらした未利用資源『梅酢』の活用」

④ケンジャミン・フランクリン「中山間地域と市街地を移動販売車が結ぶフードバンク活動」

⑤熊本県立熊本農業高等学校「食品廃棄物の利用価値を発信する活動」


高校生いいですね!将来に期待したいところです。君たちが社会に出てその成果を出す頃には、、、、僕らは介護が必要な状態だろうか?いやいやまだまだか。


食品ロスについては新しい法律も出来ましたし、そのあたりも研究しながら自社の取り組みに加えて地域社会に貢献していきたいですね。


posted by なーたのうた at 11:55| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

持続可能な水産資源を目指しめっちゃ語る

多少、業界の話をします。「東京サステナブルシーフード・シンポジウム(TSSS)2019」が開催された件。TSSS????


2日間にわたりトークセッションが繰り広げられるもので、その数30以上!登壇するスピーカーの方だけで100人前後。持続可能な水産業のあり方を考える日本最大級のイベントとなりました。認知度も上がって来たでしょう、SDGs達成に向けて世界的関心が高まるなかで、70年ぶりに改正された漁業法により日本の漁業がどう変わるべきか?というテーマが多くのスピーカーから出たように感じました。


また昨年と同じく、流通小売のイオンだけでなく、国内外に27万人の従業員を抱えるパナソニックなど、影響力を持つ大手企業がサステナブルシーフードをいかに導入・普及させようとしているかの報告がありました。ほかにはESG投資の観点から、水産企業の魅力とリスクについて国内外の金融調査機関研究者が見解を披露するシーンもありました。


とにかく、いろんな単語がバンバン空気中を飛び回るイベント。興味の持てる部分だけ聞くようにしないとパンクします(笑)


そんな2日間から抜粋して、1日目の冒頭。特別講演には、環境保全をライフワークとする宗像大社・葦津敬之宮司、環境省の鎌形浩史事務次官、東京都の小池百合子知事のほか、水産庁、外務省の担当部署責任者を招きました。小池都知事は、来年の東京オリンピックのホストシティとして環境問題には使命感を持って取り組む!と強調していましたし、とくに世界6番目の排他的経済水域を保有する日本の中でも、島しょ周辺海域などその4割を占める東京都の漁業推進には海洋プラステイック削減の行動が欠かせないことなどを熱弁しました。


ほかに興味を持った部分としては、日本では漁業生産量が著しく減少しているのに対し、世界的には倍増し、ノルウェーやアメリカなど資源管理の徹底と同時に漁業者の所得が向上している実情の報告。日本の改正漁業法下でいかに行政を進めるかが議論されました。


マルハニチロと日本水産の担当責任者が水産のリーデイングカンパニーとしての取り組みを紹介するセッションもありこれはおもしろかったです。


イオンからは、サステナブル水産物(持続可能な水産物)の調達を開始し14年経過しその成果について。これらはコスト高と考えられがちですが、「安全管理は大前提とし、そのうえで安心感ある食品の提供を考えると、国際的第3者機関認証商品を扱うことがコスト面でも一番効率的」という見解に合せて、「企業として望ましい行動をしているかが安心感の裏づけとなる。結果、水産品の販売金額は減ったが、そもそも事業目的は文化継続とサステナブルの実現と考えている」と、目的と手段を取り違えないブレない志を披露しました。さすが、イオン!(忖度)


まぁ語っても長くなる熱い2日間、机上論だけでなく現場のついていける取り組みを続けて欲しいですね。
ぎょぎょう.jpg
posted by なーたのうた at 14:42| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

水の災害は、秘密裏に進んでいる


直近でも「水」にまつわる災害が多く発生しています。生きるために必要不可欠な「水」が、命を奪う事もあります。


そんな「水」に関して、粛々と秘密裡に秘密裏に進められている事・・・・


水道事業の民営化、、、、


多くの意見が寄せられています。そしてこれは、自分たちの身の回り、、、というか、すぐそこです。


宮城県で問題となっている民営化についてのブログです。ぜひ、ご覧になって真実を確認してください。
https://miyagi-suidou.hatenablog.com/entry/2019/10/13/160803


どういう事が起ころうとしているのか?そして、実際に民営化されるとどのような事が起こるのか?


昨年のこと、2018年12月6日、水道事業を民営化しやすくする改正水道法が可決され成立しています。改正案は7月に衆院を通過し、11月に参院で審議入りしていたものです。


国会での審議の際の内容を抜粋しますが、日本の浄水設備の多くは1960年代から70年代の高度経済成長期に建設されたもので、今後も老朽施設の更新需要は年々増加していくという事。


現在、耐用年数40年以上を超える水道管は約10万km、これは地球2周半に相当します。更新費用は1kmあたり1億円以上もかかるそうです。


これを早急に対処しなければならないのですが、現状ではかなり困難な状況なのだと。政府の見解では老朽化した水道管の更新のための「資金・人材」が不足している、、、、だから、、、


だから?


これまで日本の水道運営は、企業会計原則に基づく地方公営企業法上の財務規定が適用されるため、独立採算で運営されていて、原則として水道料金収入と地方自治体が発行する企業債(地方債の一種)で水道事業の運営・更新費用などが賄われてきました。


こうした費用面の事など自治体が練りに練って「民営化」を打って出た宮城県にスポットを当てています。


だってすぐ隣ですから、、、、人ごとじゃない!現状を伝えたい!
posted by なーたのうた at 15:09| Comment(1) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ