2016年02月12日

海苔の価格高騰を予想|2016のり生産状況

円安続きでそろそろ値下げをしてくれないかと、メーカーへの交渉計画を考えだしたころ、「値上げ」として一枚のFAXが!



「海苔製品の価格改定が予想される」



またすか!



どうやら近年の地球温暖化が影響しているようです。海水温が上昇することにより、海苔の芽が流れてしまうという状況。



海苔の生産枚数でトップの九州、有明海の佐賀県・福岡県の生産枚数の原料が目立ってきているのです。現時点で品薄が目に見えており、最悪欠品なんて事態を招きかねません。



他生産県としては、兵庫(瀬戸内)が大きなところですが、全国の25%にも及ぶ有明佐賀の生産がガタガタであれば、他県においてもしわ寄せが来るはず。



東日本も以前は全国の15%くらいはカバーしていましたが、現状はそこまでありません。



いかほどの上げ幅で出てくるのか・・・?



「こうご期待」といったところで文書はとじられていました。入札だからモリモリ高くなりそ!



白いご飯には輸入大豆の納豆が安上がりになりますかね?



でわ



posted by なーたのうた at 17:06| Comment(0) | はい!朝礼始めます。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

ゆうちょ銀行の定額貯金|10兆円規模の貯金離れ危機!?

お金.jpg

ゆうちょ銀行の貯金商品である「定額貯金」がその魅力を失ったのは9日。


話は、組織が危ないとかそういったものではないので、勘違いしないでください。


この貯金商品の「定額貯金」は半年複利で最長10年まで預けることができるもの。当初からの6カ月は勝手に引き出すことはできませんが、それ以降は自由に引き出し可能な商品。適用金利も7~8%という高金利時代には「10年も預けていれば貯金が2倍だ!」なんて、話題となり注目されました。


しかし、日銀のマイナス金利。これにより、適用金利が他の貯金商品とほぼ一律の0.025%まで引き下げられたんです。


その原因は、定額貯金の満期が2016年度から3年間にまとめて到来する「集中満期」と呼ばれる問題。


集中満期とは、注目を浴びて適用金利の高かった時期の定額貯金の顧客の満期が連続して訪れる問題。要するに払い出しが行われるので、ゆうちょ銀行としては現金の流出に他ならない。


ではなぜ、この時期なのか?それは最長10年という満期なので、10年前を見てみると2006~2008年ごろの適用金利が比較的高かったためなんです。一番高かった金利で0.4%!


こうした金利に反応した顧客の利用が集中した為なんです。


集中満期って初めて訪れるの?って思ったんですが、今までは乗り越えられてたんです。逆に、満期を迎えた後、顧客の流出を防ぐため0.1%上乗せキャンペーンなんかを行って顧客も保持できました。


しかし、この度のマイナス金利。以前と状況が一変。


実は、ゆうちょ銀行は融資を認められていない為、国内外の債券などで資金運用をしています。だから、マイナス金利なんて発動したら安定した収益確保が困難になります。


こうした事から、魅力的だった金利の部分を他もメガバンク同率近くの金利に下げたんです。


となると、ゆうちょに預けるメリットがないとなると顧客が離れる可能性があります。その額10兆円規模。こう条件によって囲われていた顧客の流出が懸念される形となったのです。


良い面もあれば、そうでない面もあるんですね。そもそも、貯金がないので金利がどうなっても個人的には影響なし。早くお金貯めなきゃいけないですなぁ。




:日経記事参考


関連しそうなお金の話リンク
 知らなきゃ損する事業者への補助金

posted by なーたのうた at 19:32| Comment(0) | はい!朝礼始めます。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

都内で第一回検討会|加工食品の原料原産地表示の件

消費者庁と農水省は「秋をめどに改定案を示す!」とした、原料原産地表示の拡大案。


これはTPP協定も踏まえたところとなるようです。昨年11月のTPP関連政策大網においても、同様の内容が盛り込まれています。


事務局からの検討項目としては

①現行の加工食品の原料原産地表示制度や取り組みの検証

②加工食品の原料原産地表示の拡大に向けた具体的な方策

があげられました。



その後は、加工食品の原料原産地表示の事例が出されました。


現在どんなものが原料原産地の表示する義務があるのか?というと、平成13年~15年の8品目からスタートし、18年に20群4品目、21年には2品追加。25年にはさらに3品と拡大措置が取られています。


具体的には、「乾燥わかめ」、「塩蔵わかめ」、「あじ・さばの干物」であったり、群として「乾燥キノコ類、乾燥野菜および塩蔵果実」、「調味した食肉」、「フライ種として衣をつけた食肉」「表面をあぶった魚介類」などなど。新たに加えた個別品目では、緑茶飲料、こんぶ巻きなんてのもあります。


原料原産地表示が義務付けられているものを再度確認しておく必要があるかもしれませんよ。


そして、今回TPP条約を踏まえてさらに拡大しよう!という事なのです。


食品表示の一元的な検討としてJAS法との観点も加えるなどの説明もされ、もはやわたくしの知識では付いていけない関連となってきました。


事業者の自主的な取り組みとしては、国の法令食品表示以外に東京都では「調理冷凍食品」での原産地表示を条例で義務付けていますし、公正競争規定として、塩・はちみつ・レギュラーコーヒー、インスタントコーヒーで設定されています。


豆腐や納豆の原料大豆産地に関するガイドラインもありますし、JA全農の自主基準も設けられていたりで、事業者の方にとっては当たり前の部分かもしれませんが、そうでない方々には「えらい面倒になって、製造業って大変そう・・・」と思うでしょうね。


こうした原料原産地表示の拡大についての検討会は、予定している秋までに5回開催されるという事です。開催場所は「都内」とまでしか公表されていません。


そういえば、数年前農水省の方々が「冷凍野菜」の産地表示を見に来たっけ。マイナス20度の冷凍庫に「ちょっとだけ見せてください!」っていうんでスーツのジャケットのまま、防寒着なして入れてあげました。


がんばっている方々だったのに、悪いことしたかなぁっていまさら思いました。



posted by なーたのうた at 12:00| Comment(0) | はい!朝礼始めます。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

「ぐでたま」がついに出店|常設店のカフェにて

人気ですねぇ、サンリオキャラクター。伊藤忠飼料が放り込んだキャラクターだと思っていました。


サンリオの人気キャラクター「ぐでたま」のカフェが出店しました。昨年の夏、期間限定でオープンしたこのカフェですが、常設店舗としてリニューアルをへて出店となりました。


卵がぐて~ってなっているカフェです(笑)見たことないので感想とか教えていただけるといったつもりになれます。


年明け後、新年のあいさつと言う事で伊藤忠飼料の担当の方とお会いしたのですが、持ってきていただいたカレンダー・・・・キティだよ。ぐでたまじゃないんだ。

グルマンディーズ ぐでたま iPhone6対応 食品サンプルジャケット SAN-410A




グッズも豊富に出てますよね。そこで、ロイヤリティなんかの話をしましたけど具体的なパーセンテージとかは教えてくれませんでした。聞いても誰にも話しませんけどね。


やっぱり結構掛かるみたいですね。でも、ぐでたまも出店しましたよ。立派になりました!「超だりぃ~」とか居座る時間の長いカフェになるんでしょうか?


今回の出店をするのは、「クリエイト・レストランツ」。どんなところ?


そうですねぇ・・・


しゃぶしゃぶ・すき焼きの食べ放題:しゃぶ菜


自然食バイキングの:はーべすと

自慢は「ハラミ」のリーズナブル焼肉:はらみや

つけ麺ブームの火付け役でしょう:つけめんTETSU


Aaaaaaっ!おなかがすいてきました。聞いた事のあるお店ばかりですよね。


ぐでたまカフェ、ちょっと行ってみたい 
gudetama.png




posted by なーたのうた at 08:00| Comment(0) | はい!朝礼始めます。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

補助金の検索が簡単にできる!?|辞典公開!

農水省のホームページご覧になりましたでしょうか?


対話形式でさまざまな補助金制度が検索できる「補助金等の逆引き辞典」なるものが開設されています。


「利用者」と「利用目的」を入力しましと、受給可能な補助金がピックアップされます。さらに相談窓口はどこ?までわかるようになっています。


意外と知らずに損をしている事がある「補助金制度」。悪口ではありませんが、結構たらいまわしに会うなどしてようやくたどり着く場合がありますよね。


以前、うちの会社で申請した補助金で、なんだか忘れてしまったのですが最終窓口で「よくたどり着きましたね」って冗談だったのかもしれませんが、そんな事言われた事があるそうです。


でも、こうしたものがあると便利ですね。



たとえば・・・

「水産物の消費拡大」の「水産加工・流通事業者」向けとして、「国産水産物流通促進事業」「地理的表示等活用総合対策事業」「日本初食品安全管理規格策定推進事業」「食品の品質管理体制強化対策事業」などなど、水産庁だけでなく、全省の事業から検索結果が表示されるようになっています。


事業をされている方は一度お試しください。きっと何かが見つかるはずです。

アドレスは
 http://www.maff.go.jp/j/g_biki/index.html




posted by なーたのうた at 12:16| Comment(0) | はい!朝礼始めます。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ