2016年05月25日

喫煙にもルール。「取り締まり強化」

お仕事柄、水産品を扱っていると築地市場の話題も入ってくるものです。


少し前まで、いや、いまだに移転問題ばっかり情報が入るのですが、喫煙者である自分にとってちょっと気になった情報。「喫煙ルールの取り締まり強化

20160723223059490.jpg

ポイ捨てや歩きたばこ・・・まぁマナー違反ですよね。そんなルールでしょうか?


東京都は、5月23日から築地市場内の喫煙ルール取締りを強化しました。悪質な場合には本人、および所属する事業主への警告、さらにさらに違反を繰り返す問題児には入場停止処分の行政処分の対象とするようです。「出入り禁止」ですね。


閉鎖型施設となる豊洲市場への移転後を考えての取り組みだと思いますが、食品を取り扱い場としてやっぱり喫煙ルールは当然順守されるべきでしょうからね。


この考えはほかの10中央市場にも広げていくお考えのようです。


指定場所以外は禁煙が原則となっている築地市場内は、ルールを守らない市場関係者の姿が依然として多くみられるとの事で、この課題をクリアすべく「改めて」という気持ちでしょう。行政処分が科せられるとなればビシッとなるんじゃないですかね。


今までも青果部では、喫煙ルールの違反者は、取り締まりの上指名を公表するという取り組みを行ってきたようですが、ルール違反はゼロになっていないそうです。


まずは、今回のような制度導入を周知することで、そんな行政処分に至る前になくなってほしいものですよ。


実際に会った異物混入クレームで「たばこのフィルターが入っていた・・・」なんて水産系の商品で回収してきた事があります。もちろん国内製造品ではありませんでしたが、お客様からは大変なお叱りを頂きました。


混入の防止が取り組みの狙いではないにしても、まぁこんなことも実際ありえるんですから、注意しましょう。


しかし、ほんと僕らの「煙(けむ)ニケーション」の場は限られてきますね。まぁ毒だし仕方ないか・・・・。




posted by なーたのうた at 19:32| Comment(0) | はい!朝礼始めます。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

海苔の件・・・失敗は許されない裏話

海苔の価格が高騰しています。


なんか最近「高騰」話しかしてない気がします。実際そうですからね。先日、海苔屋さんが来ました。海苔屋さんって言っても大手ですけどね。値段を上げさせてください!って。一応認めるんですが、改定時期は遅らせます。


「やっぱり力関係?」ってコンビニの卸価格を聞いてみました。正直なとこ、コンビニへの納入価格も値上げしているそうです。咋年ですかね。きっちり説明をして了承頂いてるそうです。


某セブンでは「値上げは認める、質は落とすな、欠品は死刑」ぐらいの勢いでやってるみたいです。値段が上がるってことは、原料がないってことでもありますから。そこで、海苔業界大手、白子のり・小浅商事(ここがコンビニ用の海苔を買い占めて供給している)はリスクヘッジとして、全体の7割をこの2社で残りは大手2社に次ぐ6社で原料を抱える形をとったんです。ものがないって最悪ですから・・・。


セブンからの指示かもしれないですね。ちなみに、以前はコンビニ用のりの力関係としては白子が6だとすると小浅が4という構図が逆転してきていますよね。海苔って入札ですから、ばくちみたいな買い方でもあります。


で、まぁまぁ値上げを認めながらも質を落とさないセブンさん。おにぎり用ののりと言えど妥協しません。しかし、あれだけの数量を使っているわけで、その損失はかなりですよね。損失と言うか、やむを得ない、まさしく「天災」と言えるかもしれません・・・・


しかし、これを「人災」と捉える、セブン。責任者の部長クラス以外を総とっかえ!「同じ過ちは犯すなよ」と言う事で、今期のチームを組みたてています。情報収集から原料調達まで、その責任は重大です。


何気なく、私たち食べているコンビニおにぎり。その裏では壮絶な戦いが行われているんです。おにぎりってやっぱりご飯より海苔ですからねえ。いや、お米も大事ですけど。


海苔の高騰って事は海苔屋さんは儲かってるの?まぁ昔の話にはなりますけど、儲かります。海苔御殿ですよね。昔は漁師さんから海苔を買うんですけど、実は漁師さんの方が強かった。出来た海苔は全部引き取るのが海苔屋さん。それでも売れたからいいですけど。


でもって漁師は海苔屋さんより儲かるわけなんで御殿は建てず、船を豪華にするんです。新しい船を買った時はみんなを読んでパティーですから。その規模、結婚式並みとか。


結婚式にも大小ありますけど(笑)


いろいろドラマがあるんですね。もしかして、絶頂も急落もない僕ら・・・幸せなのかもしれない。





高相場について、仕事してるよって感じに説明させて頂いております。

各地の状況と業種別の在庫状況

posted by なーたのうた at 19:20| Comment(0) | はい!朝礼始めます。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

あなたは「むね派?」「もも派?」

だんだんと暖かくなってくると外に出る格好も薄手になってきますね。露出も多くなる夏場が楽しみですね。そんなとき気になるのは、冬の間にたっぷり蓄えた脂肪。引き締まった体は食生活から。


と言う事で、鶏むね肉の話をします。


から揚げにしても「鶏むね肉」っていい印象がないように思います。もも肉よりも下っていう感じじゃないでしょうか。もそもそっとした感じやパサつき、固さなどが印象を落としてしまっているかと思います。バンバンジーもしっとりやわらかササミだったりしますし。


しかし、食品成分データベースという栄養価などの資料があるのですが、若鶏もも肉との比較をしてみると

      もも肉   むね肉
カロリー   204    116
たんぱく質 16.6g   23.3g

さらに、脂質は1.9g、もも肉の7分の1以下なんです。うまみ成分のイノシン酸や疲労回復効果のあるイミダペプチドというものも豊富であり、実は製薬会社も注目している食材なんだそうです。


こんなヘルシーフードはアスリートの筋肉づくりのために活用している事は業界では常識。毎日の食事に出てくるわけですからおいしく調理する方法もたくさん知っているはずです。近くにアスリート家族はいないだろうか(笑)


むね肉の欠点とされるパサつきと固さ、これをうまく攻略すればいいのですね。ポイントは肉の下ごしらえだそうです。むね肉は発達した筋肉でたんぱく質が豊富です。加熱する事でたんぱく質が固まり、筋肉繊維全体が縮んで水分が抜けてしまう、これが欠点と言われる部分の原因です。


したがって、たんぱく質が縮んでも、肉全体が収縮しないように筋肉を徹底的に壊す事が必要になる・・・そうおっしゃっていたのはプロスポーツ選手の妻などが通う料理教室を開いている管理栄養士の方。


聞き取り方を間違えると少しおっかない言葉ですね。


例えば、むね肉に斜めに包丁を入れるそぎ切りにしたり、筋肉繊維に沿って裂いたり、さらに、叩く。徹底的に叩く。穴があくまでたたいてほしい!そこまでおっしゃっています。筋が切れていないところは収縮して硬くなる原因になるのだそうです。


また、浸けこむ事で筋肉繊維を絶つ方法もあります。生姜やヨーグルトにつけると酵素の力でたんぱく質が分解されて、筋肉繊維もたたれるのです。この方法はやさしくていいですね。唐揚げやタンドリーチキンなどで普通に加えるひと手間はこうした意味があるのですね。


意外だったのは「塩水」に漬ける事。これだけで、水分を肉の中に閉じ込める効果が期待できるのだそうです。実際にやってみました。余分なごみや油が抜けるので、臭みも軽減したような気がします。


下ごしらえだけでなく、水分を逃がさない調理方法がポイントです。急激な温度変化は筋肉収縮や水分の蒸発を招きますので、ゆでた後は、余熱にお任せしちゃう。肉が冷めるまで鍋に放置プレイする事で、しっとりと仕上がります。


いやいや、今回は塩水と生姜を使った唐揚げを学びましたね。低温調理もやってみたいですね。


日ごろの恨みつらみをむね肉に込めて、穴があくまで叩いたら水分を逃がさないように調理する。「むね肉だから・・・」ってひるむことなくいろいろ試してみたいですね。




  • 20160723223308908.jpg
posted by なーたのうた at 14:45| Comment(0) | はい!朝礼始めます。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

今年度もキッツい!国産バター品薄です


酪農乳業団体Jミルクが発表

2016年度の国内バター生産量は前年をやや下回ると予想されるそうです。北海道の農家、乳牛の頭数は増加傾向ですが、それ以外の件では減少・・・これが影響しているようです。


需要自体は前年度とほぼ同じと見込まれていますから、まず不足します。


どうすんの?って「カレントアクセスを含めた輸入で補います」だって。



カレントアクセス?簡単に言うと「義務輸入」

国家貿易ですね。農林水産省は1月23日に平成27年度のバター及び脱脂粉乳等の国際約束に基づく輸入の手続きを開始するための数量を通知しました。

2月中にバター2,800 トン(生乳換算だと3.5万トン)と脱脂粉乳10,000 トン(生乳換算6.5万トン)の輸入・売渡入札を実施することとなり、これらのバターと脱脂粉乳は、4月から7月までに順次輸入し、国内需要者に供給される予定となるのです。



posted by なーたのうた at 08:00| Comment(0) | はい!朝礼始めます。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

話題のココナッツオイルの回収騒動

もはやね、周知されたかと思いますが「日清のココナッツオイルにカビが……」っていうことでの自主回収騒ぎ。



購入実績もないので前回のところまでで対応が終わってしまったんですが、もしお手元にあるような場合は、連絡してあげてください。



対象品は昨年2月23から今年1月20日まで発売された「日清エキストラバージンココナッツオイル(130グラム)」など。
計160万個



なかなかヘビーな数量ですよね。



日清オイリオグループのお話ですと、先月商品を購入した消費者から


カビのようなものが生えている


との申し出を受けて、社内の在庫を外部の調査機関に委託して検査。



10数個から「コウジカビ」が検出されたそうです。でもってあちこちに出荷されていた全商品の回収を始めたんです。



「カビみたい……」



って申し出た方、鋭い観察眼です。



健康被害は報告されていないとのことですがこの「コウジカビ」。醤油や味噌、みりんなど和食で使われる調味料とか食材を発酵させるカビの一種です。



そもそも人体への毒性はないとされているものです。日清には風評被害の報告はあります(笑)



もし、お持ちの方がいれ専用ダイヤルに連絡したほうがよいですよ。回収方法を案内してくれます。さらに、商品代金相当のクオカードが送られてきます。



この件に関する問い合わせ先は、日清オイリオグループ「エキストラバージンココナッツオイル」回収専用ダイヤル(フリーダイヤル:0120-390-169)



です。



第一報の記事 も合わせてどうぞ
posted by なーたのうた at 23:57| Comment(0) | はい!朝礼始めます。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ