2020年11月29日

防災意識の高まりで人気爆上げカレー(ハウス)

「防災意識」は、東日本大震災後から高まりつつあり、その後も大きな災害が起こるたびに年々当たり前のように問合せが入るようになりました。

これはもうブームではなく、食を提供する立場として「あるべき備蓄」という認識となってきているのだと思います。

さらに、一般家庭においてもこうした災害対策を考える人も増えてきています。

2020年の外食産業貢献賞では、ハウス食品の「LLヒートレス」シリーズが選ばれています。

非常食 ハウス「温めずにおいしい野菜カレー」LLヒートレスカレー3食 5年保存食 特定原材料25品目(アレルギー物質)不使用【メール便】【ネコポス】



この商品は、温めずにおいしく食べられる「野菜カレー」と「野菜シチュー」です。

通常のレトルトカレーは、温めずに食べると舌に残る感じや滑らかさが無かったりと、食べられない事は無いのですが「おいしい」とはちょっとかけ離れたものになっています。

しかし、LLヒートレスシリーズは、賞味期限5年(製造から)を実現したロングライフ製品で、温めずに食べてもおいしいという商品になっています。

ポイントはもう一つ。アレルゲンにも配慮してあり、災害時にも安心な設計になっています。


こうした事から行政の備蓄品として多く採用されており、最近はコロナ感染拡大対策として個食である事もあり、学校給食にも導入されています。


近年、自然災害が増大していて、同様の商品の需要がますます高まっていくと考えられます。そうした中で、誰でもおいしく食べられる災害食としてハウス食品がその「災害備蓄向け製品」の需要の再認識に一役買ったのです。


カレー業界をけん引するトップメーカーであるハウス食品は、業務用製品で「時短」「省人化」といった飲食店の課題解決に対する商品も展開しています。


各ご家庭に近いところでは、このヒートレスシリーズをご紹介します。
いざという時!じゃぁなくても、おいしくいただけますので、重宝する商品です。
posted by なーたのうた at 16:32| Comment(0) | はい!朝礼始めます。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月05日

全国の食材を半額で買えるチャンス

「#元気いただきます」プロジェクトとして農林水産省の緊急対策事業です。

ぐるなびFOODMALL」ってご存知ですか?

これは、農水省の仕掛けで、日本全国の食材や包材資材を、通常価格の最大半額で購入できる飲食店限定のECサイトです。


一般の方向けではないので、ちょっと残念だったかもしれませんが、こうした食材を素材として一般向けに飲食店がイベントを仕掛けてくる可能性も多いにあります。

今日は、もしこの取り組みをご存知でない飲食店関係者がおられたら、参考にしていただければとキーボードを叩いています。


新型コロナの影響により、経営に大打撃を受けている飲食店、在庫の滞留や売上の減少で厳しい状況にある生産者・卸等をつなぎ、それぞれの売上を確保する為に立ち上げられたサイトです。


簡単に説明すると、ぐるなびFOODMALLが生産者と販売店の間に入って「農水省の補助を活用する」という流れになります。

ぐるなびは生産者から通常価格で買います。販売者(飲食店など)はぐるなびから最大半額で買います。商品の発送は生産者から販売者へ直接行います。

それぞれの支払いの部分にぐるなびが挟まります。すると生産者からの購入価格と販売者への販売価格の差分がマイナスになります。そこに補助が入るんです。


対象となる業種についてですが、デリバリー、キッチンカー、テイクアウトに取り組んでいる飲食店。無料の会員登録をして全国の生産者や卸の出展品の中から品定めができます。

送料も全国一律で50%引きと言う条件。


中身をちょっとだけ見せてもらいましたが、ランキングなどもあって、やっぱり肉関係が上位にいますね。「黒毛和牛A4~A5内もも ローストビーフ」「黒毛和牛A4~A5ランプステーキ」「冷凍天然大バチマグロ スキンレスサク」「黒毛和牛切り落とし」「とらふくの皮」などなど

ほかにも果実、野菜、リーフ茶、ジビエなどなどなど


ご興味のある方はぜひご覧になって頂きたいです。会員にならないといけないですけどね。
「ぐるなびFOODMALL」





陰謀論者には格好の餌食になる取り組みでないでしょうか?

 このサイトの運営者は?補助金の予算は?事務手数料は?とかとか。まぁそんなこと言っていたら、何もできませんよね。お得になるならば利用して、正当な利益を上げて新たなサービスを生み出せる体制に立て直す。

そこですよね。
posted by なーたのうた at 20:24| Comment(0) | はい!朝礼始めます。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月30日

食品市場の興味深い消費者意識

業務用食品業界でも、様々な活動変化が当たり前になりつつありますね。

テレワークも違和感なくなってきましたし、宅配サービス、ネットショッピングの売上が好調に推移しているところから、食品市場の主戦場が「商品棚」からEコマースの時代にシフトしてしまうんじゃないかとそのスピードに少々恐ろしさを感じます。

菅新政権も新型コロナ後の経済の復興を最優先課題に置いていますから、先行きははっきりしていませんが、伸びている所はガンガン行くのかもしれませんね。


そんな中、食品スーパー成城石井(http://www.seijoishii.co.jp/product/)が興味深い調査結果を発表していました。


成城石井は東北だと、、、宮城にしかなかったです。調査結果はそんな話ではなく、コロナ禍における食品スーパーの利用に関する消費者意識、これを調査したんです。

巣ごもり中、「月一回以上ネットスーパーで食品を購入していた」と回答した人が78%と言う結果。ほとんどですよね!

食品業界がネットを次世代の売場と位置付けるのも納得です。


しかし、直近一ヶ月では約半数が「ネットで食品を購入していない」という結果もあります。

行動制限が緩和された事で、やっぱり直接店舗で見て、触って、選びたいのかもしれません。自分もそんなところがありますね。


個人的な感覚も合せて考えると、鮮度のほかに「新発見」というキーワードがあると思います。

最初に書きましたが、「売場がEコマースに・・・」なんてありますが、リアル店舗も様々なチャレンジに取り組んでいます。

毎日通う売場のなかに、新しい発見があったりすると実際に購入しなくとも楽しいものです。


こうした「喜び」を実は感じたいのかもしれませんね。

結局、必要なものを手に入れる為の探索は楽しいものです。




posted by なーたのうた at 18:57| Comment(0) | はい!朝礼始めます。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

生食用カット野菜を停止するとは?

介護施設系の委託給食を行っている企業で「生野菜の供給をストップする」という動きがあるようです。


すべてではないのですが、自分の関連するところでは「きゅうり」ですね。


特に暑くなってくるとカンピロバクター・ジェジュニ/コリ、腸管出血性大腸菌、 黄色 ぶどう球菌といった細菌による食中毒が多く発生してきます。未加熱の野菜調理品を原因食品とする大規模な食中毒事例もしばしば報告されているのは記憶にあると思います。


こうした状況から、カットきゅうり製品の仕入れをストップするというのです。衛生上の観点からや厨房内でのオペレーションなども考えての対応だと思います。


ミックスサラダであったり、冷やし中華に入っていそうな千切りだとか、生食用のカットされたきゅうりの仕入れをストップします。


具体的な理由としては、「非加熱摂取食材として菌数抑制に難がある」「胡瓜の生食による度重なる食中毒(他社)の 事例がある」「加工後、他の非加熱摂取食材より劣化が著しい」


まぁこういったところです。


絶対に必要な食材って事もないでしょうし、丸野菜から作って頂く手間は発生するかもしれませんが、安全安心な食材の提供のためにこうした制限も必要なのかもしれませんね。
posted by なーたのうた at 11:31| Comment(0) | はい!朝礼始めます。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

働き方改革が生む「しわ寄せ」に対して

会議室にはポスター貼ってますよ。


「大企業等と下請など中小事業者は共存共栄」

「適正なコスト負担を伴わない短納期発注や急な仕様変更などはやめよう」



これ、厚生労働省が中小企業庁・公正取引委員会と連携して11月を「しわ寄せ防止キャンペーン月間」としてアピールしているもの。


いわゆる働き方改革で大企業での時間外労働の上限規制が適用されたことから、中小企業への下請や納入業者などの中小事業者しわ寄せが問題となっています。
(適正なコスト負担を伴わない短納期発注や発注内容の頻繁な変更等)


これが、下請等中小事業者の働き方改革の妨げになるわけで、その防止月間として11月がスタートしています。結局ねぇ、力関係がこうした問題を生むんですからね。資本主義には発生して仕方ない部分かもしれません。


だから仕方がない!ではすみませんよね。


具体的には、5つの事例を上げています。


①やむを得ず短納期発注や急な仕様変更などを行う場合には、残業代等の適正なコストは親事業者が負担すること


②親事業者は、下請事業者の「働き方改革」を阻害する不利益となるような取引や要請は行わない


③親事業者は、取引対価の見直し要請があった場合には、人手不足や最低賃金の引き上げなどによる労務費の上昇について、その影響を反映するよう協議する


④親事業者は、継続的な取引を行う下請事業者に対して、安定的な生産が行えるよう長期発注計画を提示し、発注の安定化に努める


⑤発注内容を変更するときは、不当なやり直しが生じないよう十分に配慮する。


広く該当するような内容としてあるので、各事業に合わせた形に置き換えるなどして社内で落とし込みをしないといけませんね。
posted by なーたのうた at 14:06| Comment(0) | はい!朝礼始めます。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ