2018年01月30日

食品の「賞味期限」が変わりつつある

「賞味期限」ってまぁ美味しく頂ける期限って認識で間違いないと思うのですが、我々消費者の事を思って付けられているようにも思いますが、製造メーカーにとってはこの「期限」があるから商品が売れるってのはありますよね。


ぶっちゃけ「消費期限」ってのは過ぎちゃうとヤバいものもありますが、「賞味期限」ってのはある程度過ぎたって即座に健康被害ってでませんから、ご自身の判断で処理する事が出来ます。変な言い方になりましたが、勿体ないので食べます。


まして、冷凍食品なんかはちゃんと保管していれば問題なく賞味期限を過ぎても品質を保っていますからね。




今日はそんな話ではなく、「賞味期限」にまつわる業界の変化について。


大手食品・飲料メーカーのナショナルブランド商品や大手流通業のプライベートブランド(PB)商品などで、賞味期限の表示を「年月」に変更する取り組みが拡大しているます。要するに


賞味期限
2018.10.05 → 2018.10



こんな表示ですかね。○日までの記載をしないという事。そのメリットとは・・・・


たとえば、メーカーでは味の素が家庭向け調味料や加工食品分野で、2019年度までに全品を年月表示に切り替える計画を発表しています。またイオンが、PB商品のうち、賞味期限が1年以上の加工食品の賞味期限を年月表示に変更していくとしています。


その背景には、製造・配送・販売の枠組みを超えた食品ロスや物流コストの削減・在庫管理の効率化への狙いがあるんです。


加工食品品質表示基準では、製造日から賞味期限までの期間が3カ月を超えるものは、「年月表示」が認められています。しかし、多くは「年月日表示」されているのが現状です。その理由は、賞味期限で製造ロットを特定できる点があります。なんだかんだ回収事故など起きていますが、その場合により詳細に特定ロットの回収ができたり日別にしておく利点もやはりあります。


内緒の部分では、賞味期限があるから商品が回転するという事もあります。売ってしまえば、どのような消費であっても良いんですから。しかし、今は賞味期限の長さも選択する時のポイントになっていますから、メーカー側もわざと短い賞味期限を付けることはしません。


そのような賞味期限ですが、今変わりつつある「賞味期限の年月表示」に取り組むメーカーは『食品ロス』と製造や物流などの『コストの削減』という観点から切替え始めているのです。これは、業務用ではあまりない事ですが、市販用の世界では賞味期限にまつわる厳しいルールがあり、その緩和の措置ともいえます。


小売業への納品は長年の商習慣により、賞味期限が前に納入した商品と同じか、それより新しい日付の商品でないと認められません。1日でも古いと日付の逆転が発生し、『先入れ先出し』の原則を守ることができなくなるからです。


そのため、メーカーや卸の在庫管理は、1日単位までの賞味期限管理が必要となっていました。また、食品流通業界には『3分の1ルール』と呼ばれる商習慣もあります。食品の製造日から賞味期限までを3分割して、納品期限は製造日から3分の1までとするものです。ルールといっても業界で決まりがあるわけではありませんが、多くの小売がこのルールに準じています。賞味期限までまだ3分の2残っているのに、小売に納品することができないという事がしばしば。これは、食品ロスを発生させるひとつの要因とされています。


日付の逆転や3分の1ルールは、自分の会社でも似たような自主基準を持って入荷の管理をしています。小売業への販売はないので比較的緩い規制ではありますが、卸の業界では厳しくやっている所も多いです。


日本の食品ロスは農水省の発表では年間約621万トン。中でも事業系による、規格外や売れ残り、返品といったまだ食べられる食品の廃棄量は約339万トンにのぼり、メーカーや小売から出されたものがその6割を占めています。


商習慣を見直すことで、食品ロスを削減する第一歩として、メーカーは年月表示への切り替えを進め、小売業は納品期限を2分の1に緩和する、と言うのが、現在の食品流通業界の流れとなってきています。


だからと言って、食品安全に危害が及ぶような事は決してないようにしなければならないわけですが、「どれだけ無駄に捨ててるんだ?」って所を考えると、やはり見直すべき習慣なんだと思いますね。
posted by なーたのうた at 19:08| Comment(0) | 日常報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

業界初の認証取得「東京シティ青果」

東北にいながら、中央市場の動きなんてそんなに気になるところではなかったのですが、これは注目でしょう!


東京シティ青果㈱は業界で全国初となる「FSSC22000」の認証取得をしました。同時に、JFS-E-Cという日本発祥の規格も認証も取得。食品の安全安心においての取り組みの最先端と言えるのではないでしょうか。


まぁ細かいところは2018年1月11日に記者会見が開かれます。主に市場関係者・流通事業者・小売店・外食チェーン店などの注目を浴びるんでしょうね。


ちなみにFSSC22000とは、オランダが発祥の食品品質管理の国際規格です。ISO22000が食品安全マネジメントシステムであるわけですが、こちらはフードチェーン(生産から消費まで)の広い範囲での管理を行うのに対して、FSSC22000は製造工場に特化したイメージでしょうかね。


ISO22000という国際規格に出てくる、「前提条件プログラム」をより具体的にし、PAS220という食品製造の為の前提条件プログラムを取り入れたものがFSSC22000です。


とりあえず、全世界で外食チェーンを展開しているような企業(マックとか)からはポイントが高くなるのは間違いないです。日本でも、HACCPの義務化など進んでいますが、食品の安全安心についてレベルは高くなっています。2020年の東京オリンピック開催に際して、全世界から要求されている事でもある為、「フードテロ」なんてものも完全排除できる体制が必要なんです。


結局は、八百屋さんが巨大になったような会社(表現に悪意はありません)さんです。「泥がついてて当たり前」「ちょっとくらいの傷みは削れば大丈夫」などなど生鮮品にはありがちな対応にだって、きちっとした運用ルールが定められているんでしょう。


しかし、年末~2月頃まで続きそうな原料不良のなか、手配についても大変なところだと思います。がんばってほしいですね。
posted by なーたのうた at 12:24| Comment(0) | 日常報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

今年の年賀状は”迷惑はがき”に要注意!!

時期ですね。年賀状


個人宛の年賀状も年々減少傾向で、やっぱりLINEやSNSでのご挨拶が楽しいですもんね。


そうはいってもビジネスではそうもいきません。メーカー各社への年賀状発送について、新規取引先や住所変更など、見直しも結構な仕事です。今頃になって焦って仕上げてます。これって総務部でやってくれないかなぁ・・・とか思う今日この頃ですが、年賀状と言えば、今年は注意が必要ですね。


はがきの郵便料金が6月に52円から62円に値上げされたことを忘れていませんか?


2018年の年賀状を出すには注意が必要な理由はこれです。投函(とうかん)する時期が早すぎても遅すぎても10円の「料金不足」が生じ、届かずに戻ってきたり、送り先が不足分を請求されるという「迷惑郵便」になりえるのです。


新年からそんなトラブルは避けたいですよね。年賀はがきが従来の52円で送れるのは


「12月15日~来年1月7日」投函分だけです。ご注意ください。


日本郵便では、チラシを作ったりで注意を呼び掛けていますが、全く気付きませんでした。HPで改めてご確認ください



たまにはいい事書くなぁ。参考になったよ」と言う方は、ぜひ応援よろしくお願いします。最近忙しく、へたり気味でしたが、皆様に励まされがんばれます。




posted by なーたのうた at 19:34| Comment(1) | 日常報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

アワビも不漁!その理由は?

岩手県産アワビがとにかく不漁です。


11月末時点での水揚げ量は91㌧あまりで、前年比では約32%減となっています。


東日本大震災の被害に始まり、海水温の上昇による餌となる海藻不足や、アワビを食べる贅沢な天敵「マダコ」の豊漁が追い討ちをかけた状況。


実はウニも不漁で漁業関係者は落胆の色を隠せずにいます。


今回不漁だった水産資源たちは、その背景から来年の回復も期待できるようなものでなく、環境の変化により深刻なダメージを与えています。


良く聞く言葉で


夏のボーナスはウニ
 冬のボーナスはアワビ



と言われるように、漁業者にとって期待すべき漁だったんです。



今年のアワビは量もその通りですが、形も痩せてながら、5%ほど上回る価格で10キロ82600円となったようです。



県の水産技術センターの発表でもその原因を


津波による天然資源の減少

震災後の放流量の減少

餌の減少


などで、餌の不良はウニにも影響しています。その餌不足の原因とされている海水温の上昇はマダコの豊漁に繋がり、アワビ減少に拍車をかけたのです。


マダコの漁獲量は昨年の約4倍。380㌧あまり。


マダコのパンデミック(笑)


正直、マダコはアワビほど収入に直結していないため、豊漁であっても心の中ではため息をついていると思います。


人手不足な水産業界ですが、自然環境の変化などコントロール不能なフィールドでのビジネスは、こうした危機があるから知恵を絞ってどこにも負けない新しいビジネスモデルが誕生するのだと思います。


他人事みたくなってしまいましたが、されらを仕入れる私たちも非常に困っているのは事実なんです。
posted by なーたのうた at 11:53| Comment(0) | 日常報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

破産の引き金は?生き残り競争があちこちで・・・

破産連絡があって翌日となる今日。明日店着以降は当面注文分を欠品扱いで対応する事となり、お客様にはご迷惑をおかけすることになりました。 →前回の記事


奇跡的に、本日店着分は文書の流れてきた当日には荷物が出荷になっておりお届けする事が出来ました。おにぎり関係でした。


破産したのは岩手県二戸郡の一野辺製パン㈱でした。以前より苦しい状況だった事は聞いていましたが、相当耐えたのでしょうね。


こういう結末にはやはり「引き金」があるのですが、その裏事情を・・・・
20170715211836884.png

業界筋から聞いた話では、青森・岩手でスーパーを展開している「U」さん(固有名詞をアルファベットでごまかします)へパン類の納品で売上の約7割だったとか。これだけ聞いてもゾッとする部分ではありますよね。


そうこうしているうちにスーパーの「U」はセンターを建設するという事で、「物量が減りますよ」という事前連絡を2月にしていたようです。物量が減るという事は、それに見合った人員数にもしていかなければならず、売上の7割がなくなる!という危機でもあったと思います。


結局はこれがトリガーだったのだろう・・・という見方が強いようです。「U」さんを悪者にするわけではないです。これは当然の選択だったのかもしれません。同じような件が実は野菜類の卸でも起きようとしています。所在地は仙台。ここ数カ月で大きな取引が消えていっています。そして大手商社も手を引くとなり、もちろん我々も手を引く業者さんです。それは、事が明るみになってからにします。


まず、パン業界は相当厳しい状況です。噂は「次は○○か?」なんて話も出ています。結構前に記事にしています。がんばっているうちは触れずに行こうと思います。


ともあれ、生き残りを掛けた戦いは壮絶な状況です。



posted by なーたのうた at 19:11| Comment(0) | 日常報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忙しいビジネスマンに今話題の食スタイル

旬の手作りおかずをお届けする「わんまいる」の通販サイトです


販売実績累計50万食!国産野菜100%の手作りおかずを中心に、ご自宅に居ながら全国のご当地グルメ・専門店の味を1品から楽しめる食のセレクトショップです。