2021年11月16日

「さんま」にがっかりした。史上最低か?

以前の動画でも取り上げたのですが、不漁といっても昨年よりはいいでしょ!みたいな見立てだった旬の味覚「さんま」ですが、史上最低年の7割とかって、見出しに書かれたらびっくりしますよね。

10月末現在の水揚げ数量は9440トン、これは、統計開始以来史上最低の2020年を下回る数値です。前年同期比27%減。

9月の出足は昨年を大きく上回り、「これはいっちゃう!?」なんて調子づいていたわけだ。

10月半ば以降に失速、昨年のゴーストに追い抜かれるという結果でした。

一応シーズンでの1万トンは超えたものの、史上最低を三年連続で更新する可能性が近づいてきました。。。


21年漁期は、漁期前予報で、前年に比べて日本列島に魚群が分布していた事から、前年より早く魚群の来遊が活性化すると見込まれていました。

確かに、9月の来遊はあったわけですが、息切れ、さらにシケも重なり上積みできずに10月終了。

これに対し、全国さんま棒受網漁業協同組合がコメントを出しています。

「比較的まとまった水揚げもあったが、昨年もこの時期には水揚げがあった。つまり、前年に追いつく展開は考えづらい」という事です。

漁場の形成も前年に比べ悪く、一度近づいた主漁場が、公海魚場の奥まったところへと遠隔化してしまったいるそうです。

12月いっぱいまでの漁期をギリギリいっぱいまで活用して、前年との差をどこまで縮められるか?という勝負になりそうです。

しかし、一つプラスな所を言うと、魚体サイズが120~140グラムに少々回復した。ここだけでしょう。


前年の平均単価は天井到達か?と思われる所でしたが、今年はさらに7%高くなり、10キロ6380円といったところ。しかし数量がこの通りで、水揚げ金額は60億2300万内外。

地域別に見ますと、北海道が3%減、意外と健闘。

本州側が64%減となり、漁場形成に恵まれない事が敗因という説もあります。


普通に食卓で召し上がっている人もいれば、こうした事情を知った上で、手を出さない人もいるかもしれません。

水揚げされて、販売されているものは、綺麗に消費したいモノですけどね。価格がそうさせるのかな。


posted by なーたのうた at 18:15| Comment(0) | 日常報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月09日

魚肉すり身でウニを再現した商品

「うに」の味を再現するって、プリンに醬油掛けるとなるって言う話しってますか?

昔やってみたことあるんですが、当時は本当にうにっぽかった気がしたんですが、改めてやってみたら、ちょっと違った。ちょっとというか、ウニの味がしなかった。

これは、、、、、ウニを知ったから?プリンの品質が変わった?お醤油のせいか?自分の舌が「もう騙されないぞ」と成長したのかもしれませんね。


今回、練り製品メーカーの大手「一正蒲鉾」が市場に送りだしたのが、ネクストシーフード うに風味 です。

ウニの味を再現した、魚肉すり身で製造した商品です。

あーもう気になりますよね。


すり身を使ってる時点で、あの食感?舌触りを再現できるのか興味シンシンです。


一正蒲鉾は、うなぎ蒲焼風食品の「うな次郎」の生みの親です。毎年ブラッシュアップしてきているんですが、競合も結構出てきましたよね。スギヨの「うな蒲ちゃん」、マルコーフーズの「うなとろ君」だったかな?いろいろあります。

そして、今回「ネクストシーフード うに風味」ときましたから、早速メーカー担当者に問い合わせました。


「僕らもこれからなんです!」という事で、通販で販売しているようですが、一応業務用としての商品のようです。

確かにパッケージは質素でしたから、そうなんですね。

僕ら卸が扱っていいのか?とかいろいろ問合せました。


しかし、数量限定って事で、様子見のトライアル販売かもしれませんね。

ウニ自体柔らかいので、固さとか気にしなくてもメディカル向けに提案できそうですが、プリン体がない(少ない)って点では、シルバーに向けた提案も面白いかも、、、と思っていました。

是非、動画もご覧いただき、その商品をチェックしてみてください!
https://youtu.be/oq3hRLISmJs




posted by なーたのうた at 18:13| Comment(0) | 日常報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月17日

自然から学ぼうとする気持ち

秋の味覚と言えば?

柿、栗、松茸、さんま、そして話題の中心に使用としている「鮭」などがありますね。


産卵期の脂がのったものは「秋味(あきあじ)」と呼ばれるほど、秋になじみのある魚です。

鮭は、川で生まれ、その後海で数年過ごし、産卵のために再び生まれ故郷の川へ戻ってきます。

流れをさかのぼる事を「遡上(そじょう)」と言います。


遡上の際には、川の急流や段差、熊のような捕食動物も出没します。途中で力尽きてしまう鮭も多く、回帰率は1%前後と言われています。

鮭は、体に傷を負いながら、必死に目的地の産卵場所を目指します。

そして、産卵が終わるとその生涯を終えます。


厳しい自然の中で生き抜くその姿から、「困難な状況でも決してあきらめない!」というような学びを得る事もできると思います。

自然から学ぶ事は意外と出来ていないのではないかと思います。風景として流してしまいがちです。

改めて自然に目を向けると、鮭のように逆境に負けない姿勢を学べたりと多くの教えがあるのかもしれません。


すべては見方、考え方なんでしょうね。




動画もやってます!今後ともよろしくお願いします!
posted by なーたのうた at 18:36| Comment(0) | 日常報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月01日

1キロ3000円の値をつける「トキサケ」

#北海道 #さけます #トキサケ #豊洲

北海道東沖近海のサケマス漁は、今年も4月半ばに解禁となり、許可を得た30隻が出漁しています。

こんなに獲れていない年はない」という豊洲卸担当者のコメントがありました。

残念ながら薄漁になっており、トキサケの浜値は1kg3000円に達しているそうです。

そのため豊洲市場への今季新物入荷や具体的取引は音沙汰なしの状況です。卸担当者からいろいろと聞いてみると、どうやら今年は三陸・北海道沿岸の海水温が高いらしい。

どれどれと、気象庁ホームページで先週27日の海水温を確認すると、漁場の北海道東沖は平年並み・・・そうか。

出帰港地とみられる根室・釧路付近は若干高め程度だが、岩手・青森沖ではプラス4~5度Cと異様な高さとなっていました。

27度C以上の高水温度帯が全般に昨年より北上し、暖流が東北沖まで張り出している様子が確認できます。

この高水温をサケが回避しているため薄漁になっているという予想となる。しかし、コロナ禍で飲食店向け需要が期待できないなか、出漁する船があり、水揚げすれば異例の高値になっている点を考えると、地元生鮮出荷や通販向け需要が堅調なのかも?と感じています。

こんな推測の一方、豊洲市場の製品販売は新物トキはおろか、近年史上最低を更新し続ける秋サケも含めて動きが見られません、、、。

日本海域での日本船による漁は、これまでの流網から今月は定置網が始まり、夏場まで行われます。一方、かつて〝本ちゃんベニ〟と呼ばれ、北洋漁の主力だったベニは、近年日本船の流網漁ができなくなったため、ロシアから輸入がほとんどです。

現地では6月から沖流し、7月には定置漁が行われ、その後、日本に搬入されてきます。

なにがどうなってこうなのか。最近の変化についていけなくなってきました。




よかったら、ユーチューブ動画も覗いてみてください!
https://www.youtube.com/channel/UCj7rY9_vGtackZTv0geTRlw
posted by なーたのうた at 19:11| Comment(0) | 日常報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月05日

秋の味覚は唐突に!びっくりしたこと

夏から秋への切り替えがいつの間にか行われて、体の調子が整わない最近です。

年のせいにしてしまいそうです。実際そうかもしれませんがね。


先日、実家から荷物が届きまして「そういえば、お米(新米)を頼んでいたなぁ」と思いだしたんです。

米を作っている兼業農家なんですが、その箱の中にお米以外に2つの袋があったんです。


一つは「ピーマン」、畑で取ったんでしょう。このチョイスが分からないのですが。そしてもう一つが「松茸」
まつたけ.png

まぢか!?


結構なサイズがゴロゴロと!1日三合しか炊かない我が家で消化するには多すぎる!

近所の方や会社の仲間に配って消化してもらおうか?


実は、親の実家の山にぼこぼこ出てくるところがあって、数年前に参加させてもらった事があります。「松茸狩り」に。

場所を公表しない代わりにという条件でしたが、外も暗い早朝に車で乗り込む山の中、公表どころか説明しようもない場所だった記憶だけ残ってます。


冷凍保存しておけばいいと聞いたので、ちまちま使って消化しようと思いますが、数本は会社の同僚におすそ分けしようと思います。

表面がね、多少乾いてしまって、あの香りもあんまりしないのですが、天然ですからね。



松茸って確か、レッドリストに掲載されたんだよなぁ、、、ヤバかったかな?

と思いつつ、自分の山だしって事で、ごめんなさい。
posted by なーたのうた at 07:37| Comment(0) | 日常報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カテゴリ
ご紹介する友達ブログ