2019年02月25日

メガネスーパーのV字回復の秘密

自分は中学生のころから、「めがね」を掛けています。一時期、コンタクトも使った事がありますが保管する時の煩わしさなどがいやで、楽なメガネに落ち着きました。


そんな眼鏡に関するおはなしを。。。


かつて「メガネスーパー」は、眼鏡を買う場所といえば個人店や百貨店だった時代に、ブランド品を大量に仕入れて販売するチェーン店を展開し、長年にわたって業界をけん引し続けた企業でした。


ところが、事業の多角化などが原因で業績が悪化、上場廃止の危機にまで陥りました。8年連続赤字という倒産寸前の中で、現社長の星崎さんが就任し見事、わずか3年でV時回復を果たします。


アイケアカンパニー宣言」を掲げ、安売りメガネのイメージを払拭し、「眼の健康」にまつわる専門知識を武器に高付加価値のサービスを提供するビジネスモデルに転換を図るのです。


しかし、メガネスーパー復活の本質は、ビジネスモデルの転換そのものではなく「社員の意識改革」にありました。


「指示待ち」社員が、自分から動ける社員に変わった。長引く苦境のなかで自信を失った社員が、やる気にあふれる社員に変わった。という事です。


こうした成功事例は、セミナーなどでも公演依頼とかたちで取り上げられ、実体験からくる熱のこもった話が、多くの参加者の意欲につながったと好評だったそうです。


直接お話しを聞いた事はないですが、社長は、現場の実行力を徹底することに一番の時間を割いていて、毎週800~900人のスタッフと直接会っているそうです。


頭も体も動かさず、現場に責任を押し付ける幹部社員を一喝し自ら現場に出ていった。これが率先垂範という事なんでしょうね。


幹部社員も含め、経営課題を自分事として捉えていないから何でも現場のせいにしてしまう・・・・


見るべきは上司でもなく、コンサルタントでもない。エンドユーザーであるお客さまの気持ち。

上司を大事にしても、利益は増えないよ

これは、部下によく言う言葉ですが、照れ隠しでも何でもなくて、それぞれが正しい事に対して上下関係なく考えを言ってほしいという気持ちのつもりです。


最初の頃は、社内に相当な反発があったのは、想像のつくことです。しかし、勇気ある決断力で次々と施策を打ち出します。


危機的状況においても、逃げずに責任を果たし、自ら率先して行動を起こし、周囲を巻き込み、スタッフの信頼を得るのです。スタッフとも誠実に向き合い、時には厳しく、思いやりをもって接します。


性善説に立ち、スタッフを信頼しています。


リーダーシップとは、その行動によって周りに良い影響を与えることで、組織が成果を出せたり、活性化したりすることです。


個人の性格や素質のことではなく「仕事」として身につける必要があるスキルなのです。


リーダーシップは、経営者だけが求められる能力ではありません。現場のチームリーダーや、部門長だけでなく組織に属していれば、誰でも、一人ひとりが身につけるべき能力なのだと思います。


こうして、文字にしながら理想を語っていますが、まったく自分に言い聞かせているつもりです。自分で自分に指導している感じ。まだまだ勉強不足ですが、行動で示していく事も意識して活動していきたいですね。
  • 20190226215335097.jpg
posted by なーたのうた at 08:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

進化の先に・・・気晴らしにゾッとする

シンギュラリティー・・・あぁ俺生きてる時代だぁ  たぶん


2045年に訪れる新時代を言うみたいですが、ITの進歩が右肩上がりでもなく、垂直に上がって進歩が限りなくなるときのようです。


それって、AIに世界がとって代わられるってことなんでしょうか?


怖いのか、楽しみなのか、よくわからないですね。同じく時を過ごして到来するわけなんでそんな感覚もなく来てしまうのか?


読み物をしていてふと思ったことがあります。たぶん同じことをたくさんの人が思い、語ってるかもしれませんが、あのターミネーターって映画見たく、AIと人間の喧嘩が始まるのかもしれないですね。


そもそも戦争って考え方の違い、バサッと宗教、教えの違いから起こるんだって聞いたことがあります。


国が違えばそれぞれの神があって、あっちではOKが、こっちではNGだったりするわけですよ。そして最終的に喧嘩になる。


教えが違うから・・・教えは神が説いたもの。実態のないものに教えを頂き受け継がれてきたものだとして、その神ってどんな存在?


空を飛べる、天気を操る、天災を起こす、病気を治す、寿命を伸ばす、生命を造り上げる・・・んー・・・


あっ‼ ってなりますよね。


全部人間ができるやつだ
出来るようになってる


神って人間?はぁ?


神の教えの違いが戦争になるってのが最初の話だと・・・


オーマイガー!


冗談半分で考えてましたけど、いま人間が教えを説いている相手は


AI


AIってスマホも同じ何でもそうですよね。オススメ動画とかって、使ってると勝手に選んできてくれたり、それこそ名前忘れましたけど人形のやつらもありますよね、あとシリだっけ?


ネットで果てしなく繋がってはいるものの、その教えはバラバラなんじゃないかって。


俺らじゃどーしよーもないですが、そういうことなんじゃないかって。


それを思ってたら、やっぱりそれ系の都市伝説的な話はいっぱいあって、かなりリアルな気がしてきました。


ホラー映画なんて目じゃないくらいにゾッとする話。


だから・・・明日から目の前の仕事に一生懸命になろうと思います(笑)


先を憂いてる場合じゃないくらいに忙しいので‼


たまにはこんなこと考えてみるのも気晴らしになりますね😃
posted by なーたのうた at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

宴会キャンセルの多大なる影響とは

忘年会やら何やらで、お酒の席が増えてくる時期です。飲食店にとっても忙しい時期ですね。


今話題になっている「ノーショー(無断キャンセル)」について触れたいと思います。


数人で来店と言う場面ももちろんありますが、人数が多くなるとお店を予約しないと入れない事があります。「数か所のめぼしいところを押さえておいて、近く確定したら他はキャンセルしよう」なんてしてて、すっかり忘れたり、「まぁいっか!」なんて軽く無断キャンセルなんかしてませんか?


実は飲食店にとって大きなダメージを与える出来事なんです。このノーショーに対してキャンセル料を請求できるという初の指針が、経済産業省委託調査事業である有識者による勉強会で示されました。


この勉強会での議論は「No show(飲食店における無断キャンセル)対策レポート」にまとめられています。ノーショーは一飲食店の努力だけでは解決できないもので、業界全体の課題となっています。


キャンセル料の請求をはじめ、ノーショー防止に向けた飲食店や消費者が取り組むべき対策が法的な根拠の下進められていく事は、お互いに効率的な話だと思います。ただでさえ厳しい外食産業、こうした動きが加速してくるのでしょう。


実際にどの程度発生しているのか?簡単な絵がこちら
キャンセル.png
ほかの業界の取り組みを例にあげると、宿泊業界の場合は、ノーショーだけでなく事前キャンセルであっても違約金(キャンセル料)を請求される場合がありますよね。社会的にも認知されています。しかし、飲食店がキャンセル料を請求するケースは少なく、ほとんどが泣き寝入りというのが現状。


せめて「ドタキャン」にしてほしいノーショーですが、ドタキャンって突発的な出来事によって当日にキャンセルをする事ですが、連絡がある分、押さえておいた席を他の客に回す事ができたりと、転用できない食材以外は大きなロスはありません。


最近は、ネットで飲食店の予約も当たり前になっていますが、宿泊業界におけるキャンセル料の請求が社会的に認知されている理由のひとつに、予約のオンライン化が進んでいることがあります。


本人確認や決済手段が確実であり、事前決済や預かり金(デポジット)の徴収も行われています。飲食店でも、一定規模以上の被害の発生が予想されるような予約の場合は、クレジットカードの事前登録を求めたりデポジットを導入するのもひとつの方法となり得ます。


その他にも、私たちの目線で行けば、予約客が容易にキャンセル連絡できる仕組みも必要だと思います。特に電話予約の場合、店舗の営業時間中に連絡がとりづらい、つながらなくてかけ直すのを忘れるといった理由もあるでしょう。結果としてノーショーとなってしまうケースもありえます。


「だって、繋がらないだもん・・・・」なんて。


キャンセル連絡を確実にうける体制や仕組みの整備もノーショー防止策と言えますね。電話確認は人手不足の中小規模の店舗では業務の負担増になりかねない話ではありますが、悪意を持っての出来事ではないと信じて、お互いにやり易い仕組みとなってくれればいいなぁって思います。



posted by なーたのうた at 13:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

「化物語」から飛び火「ミスド」の件について

セブンイレブンのカウンターにあったドーナツの什器が、いつの間にか姿を消してません?


2013年にセブンカフェのコーヒーが大ヒットし、ほとんどのお店で見かけるようになったわけですが、その翌年にドーナツの販売が発表されて和だとなりましたね。


コンビニの100円ドーナツが市場を変える!なんて思ったくらいの勢いでした。もちろん視野に入れていたのは「ミスタードーナツ」だったでしょうね。セブンの店舗数はミスドの1倍以上ありますから、圧倒的な力で制圧できると考えたのかもしれません。


しかし、外食利用者のニーズというものはもう少し複雑だった・・・そう言う結果でしょうか。


ミスタードーナツは、外食チェーンとしては若干異質の存在じゃないでしょうかね。「ダスキン」が1971年に米本社と連携して上陸させたミスタードーナツ。もちろんダスキンは本業のクレンリネス関連事業をその後も継続し拡大しています。


ミスドは1000店舗を超える規模になりましたが、ダスキンのフード事業グループの一員で独立した外食企業ではありません。そうしたチェーンが、ダンキンドーナツや、クリスピー・クリーム・ドーナツといった強大なライバルを押しのけてシェアを維持し続けてきました。


その理由については・・・よくわかりません。単純にドーナツが美味しいというだけではない、「ダスキン」という会社の不思議な力が働いているのかもしれません。


不思議な力」でビジネスは成功しません。ドーナツに特化した事による「選択と集中」など、勝ち残るための戦略が必ずあるのだと思います。


化物語という小説・アニメが好きで、ミスドの事を思い出し記事にしてみた次第です(笑)


posted by なーたのうた at 07:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

人手不足でも新規顧客は必要

あまり外食産業の方の情報がなかったのですが、お話の中で垣間見た状況をお伝えします。


外食企業にとって人件費の増大にどう対応するか?というのは最大の経営課題となっています。人手不足が構造的な問題である以上、増益を確保するには、現場の働き方の見直しに合せて、顧客層をどう広げるか?という取り組みが欠かせません。


外食産業の就業者約300万人規模とされていますが、実にその8割はパートやアルバイトとの事。


この比率は全業種平均の2割台より格段に高い数値です。自分が思っているよりも外食産業の人手不足は厳しい状態なうえ、定着率も悪いとの事。


定着率が低いと接客効率(サービスの質やスピード)が下がり、結果売り上げの低迷に繋がります。


外食大手の課題と取り組み

サイゼリヤ
外国人や経験の少ない従業員が増えた結果、従業員1人が対応できる客数が減った。そのため、外国人従業員に接客マナーや語学、文化の違いなども含めた研修を徹底している。効率よく既存店の客数を伸ばして2019年8月期は増収増益を狙う。


ロイヤルホールディングス
2日に浅草でオープンした「天丼てんや」の新業態「大江戸てんや」で働きやすい工夫を実施。具の盛りつけなどをキッチンのディスプレー上に絵で示し、シニアや外国人従業員にもわかりやすくした。


吉野家ホールディングス
「黒い吉野家」と呼ばれる新型店を来期以降100店ペースで増やす計画。内装も変え、家族連れや女性などの新たな客層の定着を狙います。


ハイデイ日高
駅前店ではあえて券売機を導入せず、酒類の注文は店員が応じ「もう一杯!」といった需要を取り込みやすくしている。


などなど、内部の人不足対応、売上増加のための新規顧客取り込み、どちらを取るにしても「両輪」として同じく取り組んでいかないといけないのだなぁと、人ごとのように思った話でした。


渦中にいるのに・・・



posted by なーたのうた at 18:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ