2017年08月12日

オホーツク産ホタテの最盛期!500円下げ!?

ほたての高騰には困り果ててました。最近は落ち着きましたが。先に「貝柱」が上がりきったんでしょうね、7月とか値段が下がってきていました。そうこうしているうちにオホーツク海域のホタテ生産が最盛期を迎える時期となりました。


最近では、北海道全般を見ても台風や低気圧、高水温やザラボヤの大量発生などなど・・・減産に追い込む自然被害が多かったのですが、輸出向け需要は旺盛で、国内市場が手を出せないほどの高値が続いていました。


しかし、来年は最大産地のオホーツクで生産が回復する見通しとなっているようで、この地区の主力製品・玉冷(冷凍の貝柱)の新物は相場の下方修正が進んできています。


一昔前は¥1,000/kg台半ばの安値で一気に人気商材となった「玉冷」ですが、国内外からの需要が高まり年を追うごとに高値を更新してきました。昨シーズンはいくらくらいで仕入れてました?小粒で¥3,000/kg、大粒¥4,500~¥5,000/kg近くなんてのもありました。


ここ3ヶ月で下げ基調なのは生産回復の見通しのほか、海外需要の不振があります。高値の原因の一つでもありましたが、輸出先の中国や米国でも限界はあったんですね。そして円安。あまり為替には詳しくないのですが、110円か115円かでだいぶ変わるんだそうです。


オホーツクでの原貝生産は、流氷が去っていく3月下旬に漁場整備と称して、前年度の残った貝を水揚げします。新物の本操業開始は6月。貝が太る夏場をピークに長い時だと11月末まで続く時もあります。海が凍る直前までですね。


今年の5月の話では、来年の生産について今年より多い30万トン前後を見込んでいる北海道漁連。こうした下げ観測が募って相場も下がってきています。しかしながら動きが鈍いのが現状。結局、需要が旺盛だった輸出に高値でどんどん出していた時、相場高で苦労した消費地の売り場のすぐには喰いつかないのです。


一度失った販売意欲を取り戻す事が大切かも知れないですね。



posted by なーたのうた at 18:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

パイン缶約3万個!送り返しました【現地メディア発

海外からの輸入食品など、日本にはいろいろと条件があって厳しく管理されていますが、他の国でもそれぞれの基準によって管理されています。


今回、パイナップルの缶詰約3万個が台湾からタイに送り返されたようです。理由は、人工甘味料である「サッカリンが検出されたため」と現地メディアは報じています。食品安全に厳しい規制を敷く台湾は冷凍や缶詰のフルーツに添加物の使用を一切禁じている為なんです。


この先台湾が、タイの農産品にはサッカリンなど規制添加物が必要以上に含有されている事を懸念して、規制強化や輸入禁止に動くのでは?と心配する声があがっているようです。ただでさえ原料が安定しない事で以前苦労した私たちにしてみれば、嫌な話です。これはタイの食品安全が今も問題であることを示しているとも捉えられます。


しかし、「サッカリン」って聞いたことがある添加物ですが、外のあるものだったのでしょうか?


サッカリンってなに?

甘味料であるサッカリンは、砂糖より安価でしかも300~400倍も甘い人工甘味料です。サッカリンはタイの屋台や食品メーカーで幅広く使用されていますが、飲料への使用は禁止されています。それでも入手が容易で禁止軸が守られていないことはタイ食品医薬品局(タイFDA)も認めています・・・・。


いろいろ疑問が出てくる文章になりましたが、「飲料への使用禁止」ってやっぱり人体への悪影響があってのこと?


サッカリンは毒なの?

この項目は最後まで読んで頂きたいのです。安い上に強い甘みを表現できる人工甘味料サッカリンですが、英国の国民保健サービス(NHS)のウェブサイト情報では、『サッカリンは1970年代に発がん性物質のリストに入り、多くの国がその消費を禁止または制限した』と言うような情報がありました。


さらにその前、1960年代におこなわれた動物実験でも、発がん性があるとの結果が一度でていました。これは、ジャーナリストの渡辺雄二著者の「食品添加物の危険度がわかる事典」に、オスのラット45匹のうち8匹に膀胱がんが発見されたという詳細が記載されています。


こうした事から、一気に「サッカリンは毒性がある」という認識が広がりました。


その後、アメリカ 連邦保健福祉省が猿などをつかった動物実験や毒性の研究をおこない、サッカリン自体に発がん性があるのではなく、混在していたオルトトルエンスルホンアミドという成分に問題があると発覚わかったのです。


そして最近の研究でもやっぱりサッカリンとがんの関連性は否定されているようです。一部の専門家は納得せず、幼児や子供、妊婦の摂取量の制限を訴えていますが、各国で制限の解除が進んでいる様子。


ちなみにどんなものに入っている?

サッカリンは水に溶けない性質を持っているため、食べるものでいうとチューイングガムや加工食品をメインに使用されています。


例えば、さかなの缶詰や瓶詰の食品、魚肉ソーセージや乳飲料など。粉末からつくる飲料やこうじ漬けのたくあんなどにも使われています。食品でない日用品にも使われており、歯磨き粉などにも配合されています。いろいろな商品の一括表示を見てみると意外と見つける事ができます。


問題なのであれば使えばいいのに?

アメリカの国家毒性プログラムにより安全であるとの発表がされた「サッカリン」ですが、一度付いたイメージのせいでサッカリンは中々使われにくくなったのも事実。しかし先進国である中国や、アメリカがサッカリンを使用し再開したことで、徐々に使用する国が増えていったようです。


現在は使用できる量が決められてはいますが、自由にサッカリンを使うことが出来ます。ただ、サッカリンと同じような人工甘味料(スクラロース・アスパルテーム・アセスルファムKなど)が開発されており、今はそちらが主流になってきているため、使用頻度は少ないようです。


そもそも今回の返品については、添加物の使用を禁止している台湾において、添加物の使用がされていたことからのもの。捉えようによっては「サッカリン」という毒性のあるものが検出されたから と捉えてしまう方もいるかもしれないと思い書いてみました。


でも、ルールはルール。守られてこそのルール。タイの食品安全に関する不信感が増したことは事実ではないでしょうか。ここで重要なのは欧米、その他の諸国が食品に表示することで消費者保護を進めていることが挙げられます。欧州連合(EU)はサッカリンを含有する食品と飲料の栄養成分表示にE954と明記することを義務付けたりしています。使用することへは容認が広がってはいますが、やはり表示する事は必要なんです。


しかし、タイでEUのような食品表示に行き着く道のりは遠いという見方があります。食品添加物として長い間、愛用され、サッカリンを使うヌードルやフルーツの屋台もあるほどです。「タイFDAは消費者保護のため、厳しい対策をとる必要がある」と指摘もありますが、「世界の台所」になる為には、食品安全の問題がなくならない限り実現は難しいものではないのでしょうか。




20170715211634997.jpg
posted by なーたのうた at 12:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

宅配は玄関前にモロ置き配!課題もまだまだあります

いつの夕刊でしたかね。夕方にこれをネタに残業してしまった事を思い出しました。


トップ見出しに「宅配、早朝・深夜に分散」・・・生協さんとビックカメラさんの2社の動きが記事になっていました。


生協さんは注文主が出勤する前の5時~7時に玄関先に専用の入れ物に入れて置く、いわゆる「置配(おきはい)」を試験的に実施していく方針でした。


これは、物流側にとって不在持ち帰りを確実に無くす手段として一番の方法効率的な方法です。僕らの問屋→店舗の納品のほんの一部でもこうした置配はあります。ホントに一部ですが。


あとは、受け取り確認を如何に行うか?また、未配達だと申し出があった際に、どう対応するのかがポイントになってきますけどね。


まぁぶっちゃけBtoBが主体である物流会社にとって、BtoCの配達はとても非効率で負担に感じます。1日コースの集配では、その集配コース上に「C」の配送先があると、ドライバーさんは、いつも祈ります。


「どうか在宅していてほしい!」と。


一つでも配達商品を捌きたいのです。持ち帰りになると、集荷にも影響します。また、産直品で果物だったりすると何時間もトラックの荷台に揺られて痛みが早くなるなんて事もあります。


話では数十年前は、置配をしてくるドライバーさんも多かったようです。「あぁいないんだ・・・置いていけ」です。でも、お受け取りの確認は、それはもう手間が掛かるものです。1部の方からお叱りもあり、受け取っていないと言われたり、リスクは少なからずあるものです。


実際は、置配によるトラブルは100件に1件くらいなんじゃないでしょうか?感覚的なもので数字に根拠はありませんけども。


今では、置配契約を結び、受取り後にWEBやアプリで受け取り完了の報告を物流側に送ってもらうことで、処理上、配達完了として扱うことができますよね。


まぁまぁいろいろ取り組むわけで、ドライバーさんの確保については、時間差雇用、短時間雇用など検討されているようです。自家用トラックであれば、ドライバー派遣業に委託する方法も有効ですが、営業トラックの場合は、人手の面や、運賃面で折り合いがつきにくいのも事実です。


「物流」というものが脚光を浴び始めている中で、良い改善モデルが出てくるといいなぁって思います。僕ら中小もそれにならって上手い事生き抜いていかなければいけませんからね。



posted by なーたのうた at 19:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

自分のセンスにガッカリ。新商品の試食

前回に引き続き、三島の発売前新商品のお試し企画(勝手に企画にした)です。


使うのは
20170629003416756.jpg
香る青じそ


そしてぶっかけられるのは
20170624231755176.jpg


ポテトサラダ。レタスつき。


正直たらこが合いそうでしたが、個人的には鉄板なのであえて「青じそ」を使ってみます。


出発!
20170624232246906.jpg


こんなもん? 


20170624231834542.jpg



20170624231911799.jpg

戴きます‼





どうよ?お味は……





否定はしない。が、お薦めもしない。白飯にかけて食べよう。今日は。


でも、ポテトサラダの甘味が増しました‼たぶん「香る青じそ」の塩味がポテサラの甘味を引き立てたんでしょう。


さっぱり青じそポテトサラダは甘味が増した。位しか伝えるとこないです。


あとやってみてください(笑)次は感動する組み合わせに出会えることを祈ってます
posted by なーたのうた at 00:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

新商品を試しました。むいて、かけて、ちょい足し小瓶

ちょい足しレシピって流行りだったんですか?もう普遍的な事なんですか?


よくわからないのですが、折角いただいたサンプルを試さないわけにはいかないと、食レポ的なものを実施します。

20170621225820158.jpg

先日ご紹介したいもの「香る青じそ(三島食品)」です。


まずムキます!ぐるりと。そして開封。これ系のものは直後の香りが楽しみです‼

20170621225858309.jpg

おっと、ジラすねぇ……内蓋付いてました。穴から箸とかでつつかないと裏からは取れませんでした。

20170621230009884.jpg

準備万端。青のりを固くしたような感じ。それこそ「ゆかり」の緑バージョンだ。そのまま食べるとちょっとしょっぱい。原材料に塩蔵青じそと食塩入ってますからね。


でも香りは青じそのさっぱりしたいい香り!おにぎりに絶対いい!パッケージにも書いてますね。間違いないんだ。


そして今回かけられるターゲットは、

20170621230330178.jpg

こいつだ‼そう、「ゆで玉子」今日は比較的上手に剥けた。ゆで方が悪いのかムキ方が悪いのか……いつも黄身しか残らないような剥き終わりになってしまう。


なぜゆで玉子か?


そこにあったから


でもこのゆで玉子、すごくヤワヤワ。まぁよい。

20170621230411912.jpg

かけ過ぎだろうか?あぁいい香り。頂きます。

えっ!アァァ……

かじったものを公開するのも若干の躊躇いもありますが、こんなでした。

20170621230449200.jpg

とろーり半熟!ご家庭でもできるんですねぇ。まろやかな味わいでよい!


スーパーの丼ものでも乗っかってますね。これは生から作ったものですが、キユーピーさんで、冷凍のものを持ってますよね。「とろーりやわらかたまご」ってやつ。


いや、いいね!


…………「香る青じそ」は、、、、、


合わないことはないですけど、ベストマッチではない。まぁ普通。やっぱマヨネーズがよかったな、ゆで玉子は。


間違いなくご飯にはいけるし、パッケージのイメージイラストには餃子が載ってますが、これも鉄板でしょう。


この先もいろいろ試してみようと思います。


ちなみに三島食品の「ゆかり」のプチ応用編として、フレンチドレッシング(白)にゆかりを入れて混ぜ混ぜ……ぐるぐると


するとだんだんピンクのドレッシングになります。もちろんゆかりの粒は残りますがスッキリさっぱりなオリジナルピンクドレッシングが出来上がります。


色の変わってくる行程とか、お子さんは喜んで手伝ってくれそうな気がします。


以上小ネタでした!
posted by なーたのうた at 23:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする