2019年05月22日

さらに値上げか?ごまの相場が上昇!

最近「競艇」を始めてみたのですが、なかなか難しいですね。でも面白いです。展開を予想するって様々な状況を理解する事で浮き出てくるのですが、それがまた思うようにいかない!


競艇場の一つに「蒲郡競艇場」があります。勝手に「かばぐん」と呼んでいたのですが、「がまごおり」と読むようです。蒲郡競艇場には特徴があって、第一ターンマーク(一個目のカーブ)付近がごま油臭いそうです(笑)


なぜならば、近くに竹本油脂があるから。ごま油作ってるんですよねぇ・・・


そんなごま油のいやな話題。仕入担当の方にはお話が入っているかもしれません。


食品や油脂に使う原料ゴマの価格が上昇してます。日本はほぼ全量を輸入しているのですが、主力のアフリカなどで不作の懸念があることに加えて、インドなどが買い付けを増やしています。それによって世界的に需給が逼迫しているんです。


東京の大口取引価格は搾油用アフリカ産が約3年ぶりの高値となっていることからも見て取れます。ゴマ油大手などは値上げを打ち出していますが、再値上げも検討している状態のようです。


ちなみに、世界でゴマの生産が多いのは、アフリカ、中南米、インド。日本は中国に次ぐ世界2位のゴマ輸入国で、搾油用と食用を合わせた輸入量は年15万7千トン(2018年)。


財務省の貿易統計を基に算出した搾油用ゴマの市中価格は足元で、アフリカ産が1トン15万3千円程度(中心値)と、前年同月に比べ2割上昇しています。これは16年6月以来の高値です。


高騰の主因は、主要産地であるアフリカで不作懸念や供給不安が広がる一方、生産国でもある中国、インドが国内需要をまかなえすに輸入拡大に走っている事。生産地の状況としても、初夏に収穫を迎える東アフリカのモザンビークやタンザニアの産地には4月下旬ごろサイクロンが襲来しました。北アフリカのスーダンは4月のクーデターによる情勢不安で安定供給は見込めないという事もあり、不安材料しかありません。


こうした東アフリカ、北アフリカでの供給が細るとの見方から、輸入国の買い付けは、西アフリカのブルキナファソやナイジェリアに集中。旧在庫が急減し産地価格が上昇しているのは明白。情報では、大手商社のアフリカ産調達価格は現在、17年に比べ8割高とみられます。ほぼ倍ですね。


今年に入りアフリカ産の買い付けを増やし、需給逼迫に拍車をかけているのがインド


インドはゴマの主要生産国だが産地が今春、干ばつに見舞われ、輸入を増やしているそうです。日本は農薬基準を満たさないインド産は輸入していないのですが、インドの不作はアジア価格を押し上げており、国内流通価格は2割ほど上がっています。


食料において忘れてはいけない中国の動向もカギを握ります。かつては輸出国だったはずが都市化で農地が減少する一方、調味料向けなど国内需要が拡大し「世界中でゴマを買い付けている」各商社は何かと付けて中国の購買を理由につけるほど。


一方、食用ゴマでは数量の多いアジア産黒ゴマが前年同期より2割高いです。主産地のミャンマーが18年の生育期に長雨に見舞われ作柄が悪化したことが要因。実際18年のミャンマー産輸入は17年比で半減。


そうなると気になる製品の価格。原料価格の高騰を受け、各社は相次ぎ値上げを打ち出したわけですが、ゴマ油大手のかどや製油は7月、家庭用ゴマ油製品を10%値上げします。竹本油脂も2月、業務用価格を5~10%引き上げ済み。食用ゴマ大手、カタギ食品も4月に業務用卸価格を引き上げ済み・・・


なのだが・・・・


大手商社によると、産地価格の高止まりは当面続きそうで、かどや製油の役員の話では「この状況が続けば、一段の値上げを検討せざる得ない」と決して油断されないことを周囲に発表しています。


競艇なんてやってられない状況ですよ、ほんと。


posted by なーたのうた at 14:10| Comment(0) | 日常報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ