2018年08月18日

セブンイレブンの変化とは?

現状維持は退歩の始まり」という言葉をご存知でしょうか?


世の中は常に生成発展し続けている為、自ら進んで行動していかなければいけないという事です。そんな話の中で、コンビニチェーン最大手の良い事例が聞こえてきました。いや、良いかどうかは何とも言えませんが、百戦錬磨的なセブンさんですから、間違いない判断なのかもしれません。


千葉県松戸市のとあるセブンイレブンの店舗ですが、一見すると普通の店舗と何ら変わらないようですが、実際に店内に足を踏み入れると不思議な違和感を感じるのだそうです。


コンビニの定番である窓際の雑誌コーナーのスペースが縮小されている・・・・一方では、冷凍食品を収容する巨大なオープンケースを2台も設置してある。中にはギョーザなど定番アイテムだけでなく、「かつ煮」や「グリル野菜」など食卓を彩りそうなアイテムがずらりと。


品ぞろえは “食品スーパー”といった様子。


これはいったい?


もちろん根拠はあります。店舗独自のレイアウトではなく、この店舗はセブンが2017年から導入を進めている新レイアウトのお店だったんです。冷凍食品売り場の拡張に加え、レジカウンターの長さを従来の店舗の1.5倍にすることで、揚げ物などの総菜類やカフェマシンを充実させた形です。


全国約2万店のうち、新レイアウトの導入店舗数は2018年5月までに1600店との事。今後の新店は基本的に新レイアウトを導入し、既存店についても2021年度までに1万店で新レイアウトを導入する予定です。


セブンがここまで大掛かりなレイアウト変更に踏み切るのは、1973年に創業して以降、実に初めてのことだと言います。


背景にあるのが、消費者ニーズの変化。


かつては男性が客層の中心だったが、働く女性や高齢者の増加で、コンビニにおける買い物のシーンはこの10年ですっかり様変わりしたのは理解できるところだと思います。中でも特徴的なのが、中食需要の増加。2006年と2016年の品目別売上高を比較すると、冷凍食品は約5倍、カウンター商品は約2.5倍に増えています。ここ10年の変化がセブンの店舗レイアウトを変えたのです。


セブンが実施した消費者へのグループインタビューやWeb調査によると、コンビニの冷凍食品はスーパーの冷凍食品と比べて購入してすぐ、あるいは1~3日後までには食べる人が圧倒的に多いということで、購入後冷凍庫で眠り続ける事も少ないようです。


ただ、売られている冷凍食品はギョーザやチャーハンといった単品商品ばかりではなく、セブンが力を入れるのが料理の時短につながる“お助け商材”なのだそうです。


セブンが捉えたニーズは、「冷凍食品をそのまま食卓に出すのには心理的に抵抗があるという人が多い。だから生鮮食品をカットし調理するという手間を商品に置き換えた」という「あとひと調理」で済むものに力を入れているようです。


近くのセブンに変化はありませんか?


世の中の変化を身近なコンビニから感じ取る事ができるんですね。まったく景色になっていました・・・・。



posted by なーたのうた at 16:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ