2019年05月19日

マイクロチップの埋め込み義務化?

みなさん、これどう思いますかね。


犬や猫に飼い主の情報を記録した「マイクロチップ」を埋め込むことを義務化する法改正がまとめられました。


その他、動物虐待の厳罰化、子犬や子猫の販売規制などが盛り込まれているようです。


まぁマイクロチップはペットの身分証明として海外では普及しているようですね。「のら」と言われる犬、猫は野生という扱いになるんでしょうか。


環境省では「災害時に迷ったペットの身元確認に役立つんです!」として推奨しているようですが、僕みたいな「どうなんでしょう?」って感じの認知度不足もあって装着率はあまり高くないのが現状。


実際の数値的なものでは、動物愛護団体と日本獣医師会で構成する国内最大の登録機関への登録数は3月末時点で累計199万匹と言う事。正直これが多いのか少ないのか、全体の数がわからないので何とも言えません。


あいにくペットとか飼っていないのでピンとこないのですが、まぁ・・・必要なのかもしれませんね。人間にも埋め込んだりしてるくらいですから。




posted by なーたのうた at 17:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ