\r\n\r\n\r\n条件としては、\r\n\r\n20歳以上であること\r\n\r\n黒ナンバーを取得した貨トラックや軽バンなどの軽貨物自動車があること\r\n\r\n貨物軽自動車運送事業の届出をしていること\r\n\r\n付随して必要な保険に加入していること\r\n\r\n\r\nこれらがそれっていれば、誰でも応募が可能です。もちろん今回の応募のために準備して臨んでも良いでしょう。すべては、アプリから始める事ができるってことで、未経験者でもガイダンスに参加する事も出来ます。\r\n\r\n\r\nこの募集対象エリアは順次拡大していく計画があるようですので、これから広がりを見せていくと思います。競合ひしめく前にチャレンジして見てはどうでしょう。\r\n\r\n\r\nデリバリーパートナー募集に関する詳細は、https://flex.amazon.co.jp を参照してみてください!\r\n","headline":"副業としてもいいんじゃないですか?","publisher":{"name":"課長!事務所でニッチな”かべ新聞”です!","logo":{"height":60,"@type":"ImageObject","url":"https://blog.seesaa.jp/img/amp/amp_ogp.png","width":600},"@type":"Organization"},"datePublished":"2019-12-06T18:32:43+09:00","author":{"name":"なーたのうた","@type":"Person"},"mainEntityOfPage":{"@type":"WebPage","@id":"http://konetacafe1.seesaa.net/article/472045785.html"},"@type":"BlogPosting","dateModified":"2019-12-06T18:32:43+09:00","image":{"height":"266","@type":"ImageObject","url":"https://konetacafe1.up.seesaa.net/image/20191111211606194.jpg","width":"428"},"@context":"https://schema.org"}

2019年12月06日

副業としてもいいんじゃないですか?

物流関係の仕事していると、とにかく人手不足でどうのこうのって話ばっかりです。確かに、倉庫も配送もてがたりてません。しかも、長時間残業は「」となりますから、拍車が掛かります。


配送サービスについてはその課題をクリアする為に、パートナーの募集は欠かせませんよね。実際に自分も登録してみたいですよ。そんな話!


この度、ご存知Amazon(アマゾン)は北海道でAmazon Flexを運用開始し、業務委託のデリバリーパートナーを絶賛募集中なんです。


心揺れ動くキャッチフレーズ


ドライバー自身がスケジュールを決められる
報酬は月380,000円も可能で、週払い



いい話ですよね。アマゾンは11月28日から、個人と直接契約をするサービスのAmazon Flexを北海道で導入し、同エリアで商品を配達するデリバリーパートナーの募集を開始しました。


デリバリーパートナーは個人事業主としてAmazonと直接契約を結び、業務時間と日時を自由に選ぶことが出来るという新しい働き方。働き方によっては北海道では月額380,000円の収入を得ることも可能と言う事で、なにより報酬が週ごとに支払われるというシステム。


アプリをダウンロードし登録することで、簡単にAmazon Flexを開始することが出来るというのもポイントです。



条件としては、

20歳以上であること

黒ナンバーを取得した貨トラックや軽バンなどの軽貨物自動車があること

貨物軽自動車運送事業の届出をしていること

付随して必要な保険に加入していること



これらがそれっていれば、誰でも応募が可能です。もちろん今回の応募のために準備して臨んでも良いでしょう。すべては、アプリから始める事ができるってことで、未経験者でもガイダンスに参加する事も出来ます。


この募集対象エリアは順次拡大していく計画があるようですので、これから広がりを見せていくと思います。競合ひしめく前にチャレンジして見てはどうでしょう。


デリバリーパートナー募集に関する詳細は、https://flex.amazon.co.jp を参照してみてください!
posted by なーたのうた at 18:32| Comment(0) | ちょとでも得したい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ