2019年11月22日

ワンフローズンに挑戦したマック

水産品なんか扱っていると、特に海老とかですかね。冷凍品の場合「ワンフローズン」って少しポイント高いですよね。


商品に加工するにあたり、凍結をかける(解凍)回数は少ない方が鮮度が保たれますから。そんなワンフローズンをマックが取り入れ、あのフィレオフィッシュが美味しさをアップさせています。


日本マクドナルドの操業は1971年。ずっと人気だったと言われるフィレオフィッシュが、25年ぶりにリニューアルとなります。


原料のスケソウタラの冷凍工程を1回に減らしました。アラスカで漁獲された原料は、現地でブロック状に凍結させてタイに輸送。これは日本の店舗でフライされるまで冷凍のままで届けられる工程にしたのです。


見た目(身の白さ)、食感(ジューシー)、風味(魚本来の味)という3つのポイントが改善された抜群のフィレオフィッシュに仕上がっています。



新パッケージには「海のエコラベル」であるMSCのマークが表示されイメージも一新。11月から順次切り替えがされています。


比較したかったですね。あまり食べないので以前の味が舌に残っていませんから。


フィレオフィッシュファンの方、改めてその味にうなってください。
posted by なーたのうた at 13:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ