2019年10月15日

台風が過ぎて生の声で状況を知る

自分の地域は、あれこれ準備していたものの台風の被害が全くなかった週末・・・・


朝目覚めて「えっ?これ、過ぎてった?」みたいな感じでした。しかし、TVでは甚大な被害を受けたシーンが次々と。宮城、福島付近の知り合いや、仕事上でのお付き合いある先などに状況を確認すると大変なことになっていました。


こればっかりは防ぎようがない事だったんじゃないでしょうか。身を守ることに専念するのが精いっぱいだったのかもしれません。正しい声のかけ方もわかりませんが「まず、またがんばりましょう!」って明るく声かけました。


そう、岩手の沿岸育ちの自分。3.11・・・・・東日本大震災。その時も励ましなど頂きましたが、「まぁがんばりますよ!」っていってた気がします。


それって恵まれているのかもしれませんが、何度も同じような災害に見舞われる方もいれば、常に周りで起きている事でしかない方も様々。


なんと言うのでしょうかね。ただでさえ、人って個性があってなかなか理解し合えない部分がある中で、こうした出来事、経験もバラバラ。


理解し合えない人同士だったのが、こうした大変な経験を同じく経験した事で繋がるきっかけになったり、今まで通じ合っていたのに見舞われる出来事が違いすぎてかみ合わなくなったり、その逆に合致しだしたり、、、


こうして現場のことでなく、もやっとした人間関係について思い描いたりする自分がいたり、なんだか変な気持になってしまいました。


被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
posted by なーたのうた at 18:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ