2019年10月10日

死亡リスク低減食って、、、

あくまでもリスク低減ってことですが、なんか気になりますよね。結局何が起こるかわからない。道を歩いている所に車が突っ込んでくるかもしれないし、たまたま買物に行ったスーパーで爆発事故に巻き込まれるかもしれないし・・・


これ、セミナーで聞いた話。


抗酸化能が高い食事をしている人は死亡リスクが低いという研究結果が発表になりました。国立がん研究センターが9月11日に発表したわけですが、食事由来の抗酸化能と死亡との関連を調べた研究としては、アジア初だそうです。


対象は40~60代男女約9万。食事調査票アンケート結果を用いて、抗酸化能の指標である①鉄還元抗酸化能と②酸素ラジカル吸収能を算出し、その後の死亡リスクとの関連を検討しました。


正直さっぱりわかりません。「で、何を食べればいいんだよ!」ってはなし。


バサっとしてますけど、野菜、果物、緑茶などが抗酸化能が高いのだそうです。


食事由来の抗酸化能が高いほど死亡リスクが低下すると判断した内容として、抗酸化能値が最も高いグループでは、最も低いグループと比べて、総死亡リスクが①で15%、②で16%低下していた事が挙げられます。


死因別では、循環器疾患死亡、心疾患死亡、脳血管疾患死亡との間で、統計学的に有意なリスク低下が認められたそうです。ちなみに、がん死亡との関連は見られなかった・・・・・との事。


わかってはいる事ですが、食事は健康寿命の延伸に大きくかかわっていますね。そりゃ体内に取り込む行為ですから、体に影響ないはずがない。


最近野菜を食べていない、、、、少し気を使った食事を心がけてみます。
posted by なーたのうた at 15:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ