2019年09月04日

医薬品と医薬部外品の違いとは?

いきなり結論ですが、軽減税率に関連する作業における内容なんですが、今回の記事のオチは「医薬部外品」は「医薬品」に含まれていて軽減税率の対象ではなかったというところです。


消費税率の変更に関連して、忙しくないですか?


「忙しい」というか「わけわかんね」みたくなっていませんでしょうか。まぁそうですね。


軽減税率とかまだまだグレーの部分があったりしますが、時間は刻々と迫ってきています。


主に食品を販売している会社ですが、仕入を担当しているのでその辺のメンテナンスには関係してくるわけで、ビミョーな商品なんかは問合せを繰り返しています。


販売管理システムの商品マスタに税率を登録する作業もようやく終了です。見落としがあるかもしれませんが、とりあえず完了。そんな作業の中で改めて認識し直す事ができた件を紹介します。


同じように悩んでいる方もいるかもしれませんしね。


10月から導入される「軽減税率」の対象かどうか?というジャッチの中で、「医薬品」は食品ではない事から、軽減税率の対象とはなりません。標準税率となります。


では、「医薬部外品」は?「指定医薬部外品」は?という疑問にぶつかりました。


自分の認識では、「医薬部外品」は医薬品っぽいけど、そのくくりじゃないですよ!というものだと思っていましたが、結局は医薬品の仲間でした。同じく、「指定医薬部外品」もその通りで軽減税率の対象か?という疑問に対しては、対象外!という結論。


ではその違いとは・・・簡単にいきます。


「医薬品」→治療・予防
「医薬部外品」→予防・防止
「指定医薬部外品」→2009年の薬事法改正で医薬品から医薬部外品になった



こんな感じです。誤解を招く表現があったら教えてください。あくまでもどっちの税率?という視点で認識しているので。




人に作用する強さでランク分けされているようなイメージですね。そしてそれぞれ販売できる場所も決められてくるわけです。医薬品はまぁ薬局など薬剤師のアドバイスやドクターの処方などあって手に入れるし、部外品になると薬局やドラッグストアでなくても手に入れられます。


こうして、自社の商品を眺めていたらありましたよ、「医薬部外品」のうがい薬。あぁこれ標準税率じゃん。。。ってマスタのメンテナンスを進めて行ったというわけです。


医薬部外品とかその手はちゃんと表示しなきゃないのでパッケージを見ればわかるものですが、重曹とかさ、漬物に使ったり、掃除に使ったり


どっちなの?みたいなものもしっかり整理しておかないといけませんね。これは軽減税率対象でしたけどね。

posted by なーたのうた at 18:51| Comment(0) | 今日の業務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ