2019年04月03日

モノレールをジャック!?ニチレイ

千葉駅と千葉みなと・県庁前・千城台の間を結ぶ千葉都市モノレール線で、3月27日からニチレイのラッピング電車が運行を開始しています。


ニチレイは、地域社会とのつながり強化の一環として、工場や大きな事業所の所在都市で、バスや路面電車のラッピング広告を実施しています。デザインなどは社内から公募するなどして準備を進めていたのです。


「おいしい瞬間を届けたい」そんなコメントの入ったニチレイ電車。のってみたいですねぇ。


実は、千葉都市モノレールは、走行輪が屋根上にある懸垂式を採用していて、路線長はギネス世界記録に認定されています。


通常の鉄道と比べ、沿線から車両が非常に目立つ事から、様々なラッピング車両が走っています。


今回、ニチレイはグループ技術開発センターが千葉みなと駅最寄りということから、このモノレールに手を出したんですね。


「手を出した」の言い方、、、、、(笑)


デザインはというと、ニチレイグループが扱う商品、サービスをパステル画タッチで描いており、クリーム色のやさしい色合いになっています。


本社の所在地、中央区で走る「江戸バス」をはじめとして、6都市目のラッピング車両です。日本の公共交通機関をニチレイで埋めるのはいつの日か?



posted by なーたのうた at 12:10| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ