2019年01月26日

ウィルキンソン 販売数量が計画比3倍

人気の炭酸水「ウィルキンソン」ブランドで初めての機能性表示食品を9月に投入しています。すでにお試し済みの方もいるかもしれませんが、この商品が、当初の計画の3倍も売れているという事。


食事と一緒に楽しむ健康炭酸水」をコンセプトにし、30代、40代の女性をターゲットにしたのだそうです。


「ウィルキンソン」は、もともとアルコール類と親和性が高いブランドというイメージです。最近では、炭酸水の「直接飲用文化」が根付いてきたというか、ウィルキンソンが定着させたブランドでもあると思います。


アサヒ飲料は実態調査として炭酸水の男女の飲用本数を調べたところ、週に二本以上炭酸水を飲む女性が増えている事がわかったのだそうです。


炭酸水市場が拡大するなかで、食事と一緒に炭酸水を飲むスタイルが広がっている事から「食事と炭酸水の組み合わせ」を楽しめるように機能性表示食品の開発に着手したのです。


「ウィルキンソン」の炭酸の刺激の強さを保ちつつ、食事の邪魔にならない味にする事、さらに健康機能という付加価値を加えた事が最大の特徴となったこの商品ですが、機能性関与成分は「難消化性デキストリン」です。


食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させ、食後の血中中性脂肪の上昇を穏やかにする事が報告されています。


商品パッケージのフロントには「脂肪の吸収を抑える」と大きく記載されウィルキンソンブランドの伝統的な部分を残しつつ、健康機能をはっきりとわかりやすく伝える事に前提に設計されたパッケージ。見事です!


発売から1ヶ月の販売数量は35万箱となり、計画の約3倍を達成しています。


もちろん炭酸水自体の健康機能がメディアなどを通じで広く発信されている事も後押ししたのだと思います。みんなが注目している「ウィルキンソン タンサン エキストラ」で健康な生活を目指してみてはどうでしょうか。


僕は、、、、、やっぱり炭酸はビールですけど、いや発泡酒です。






posted by なーたのうた at 16:59| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ