2018年09月29日

世界のがん死者 960万人!?

健康診断の時期です・・・


これって全国的にこの時期なんでしょうか?


ということで「がん」についてのWHOの推計資料から。


2018年に新たにがんと診断された人は世界で見ると1,810万人との事。そして死亡者が960万人になるとの報告でした。


50%以上の方がガンで亡くなったと言うことになります。


高齢化の進展と途上国の人口増と比例しているとして、平均寿命が延びている上で最大の障害と分析しています。


12年は新規患者1410万人というところを見ても5年で急激に増えています。


地域別だとアジアが一番多く半分近くの数値になっています。死者は57%だそうです。国別のデータは臥せられているようですが、なんか理由があるのじゃないか?と考えると不気味ですよね。


日本でもガンは最多の死因となっているのは周知の事かと思います。


ちなみに、ガンといってもたくさんありますが、患者数の多いものから


肺がん
乳がん
大腸がん
前立腺がん


と続きます。しかし、死者数となると


肺がん
大腸がん
胃がん
肝がん


と続きます。世界的ながん患者の増加に途上国での食生活などの生活スタイルが西洋化してきていることが指摘されています。


先の患者数の順位と死者数の順位見て感じるところの「乳がん」について、先進国中心とした再発予防の取り組みが効果を現しているとしています。


逆に北米や西欧、中国などで女性の肺がんの比率が高まっていることから、喫煙や受動喫煙を減らす対策が取り上げられているようです。


最近人気の「プルテク」がさらに流行るかもしれないですね・・・というか、やめればいいんですよね、自分はやめられてないですけど
posted by なーたのうた at 21:34| Comment(0) | はい!朝礼始めます。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ