2017年07月10日

民事再生法適用の申請・・・病院経営


医療法人群馬循環器病院が6月29日に前橋地裁高崎支部へ民事再生法の適用を申請しました。


夫妻は債権者約240名に対して約14億円。瀬戸内海に浮かぶ無人島:来島が約5億円という話ですから、無人島3個くらい買えそうです。

20170715211836884.png

創業は1985年。97年には法人改組し、循環器科や消化器科などを擁する「群馬循環器病院」として経営スタート。しかし、医師・看護師の相次ぐ退職など、人材不足を背景とした手術件数の減少や患者流出など、年収は激減し、赤字決算が頻発。債務超過に陥る場行も発生していました。追いうちとばかりに診療報酬返還請求への対応など支出増は続き、資金繰り改善のめどが立たず自主再建を断念したようです。


しかし、「病院」という存在はそう簡単に潰してしまうには私たちも困るところが多くあり、実際は事業は継続中。従業員の雇用も維持されています。東京都港区の企業がスポンサーとなり、資金面のほか病院運営に関する全面的な支援を受けていきます。


実は、地元にもしかもお客様としてある「病院」も、信用できる情報として医師・看護師の集団退職などがありました。理事長とのケンカ別れ的な噂。人材不足はどんな業種であれ経営に一番打撃を与えます。


こうした事実関係と結果を目の当たりにすると、判断せざるを得ない時期が目の前であると感じます。高齢化社会と言えど、病院・福祉施設いずれも安泰な商売でない事はたしか。そもそも商売においてあぐらをかく余裕を持つなんていけないんですね。


今回の病院さん、地域の為にも立て直してほしいですね。






倒産系の記事

 ・保育施設の経営難!?

食品業界から福祉業界を見る

posted by なーたのうた at 11:28| Comment(0) | 日常報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

忙しいビジネスマンに今話題の食スタイル

旬の手作りおかずをお届けする「わんまいる」の通販サイトです


販売実績累計50万食!国産野菜100%の手作りおかずを中心に、ご自宅に居ながら全国のご当地グルメ・専門店の味を1品から楽しめる食のセレクトショップです。