2017年06月11日

アニサキス発見補助器とは・・・

 実際に「アニサキス」の言葉を知り、その生態までも見てしまった方は一時的にでも「お刺身」を敬遠してしまったのではないでしょうか?


テレビや・SNSの影響力に驚くばかりのアニサキス騒動による鮮魚の売り上げ不振ですが、その食中毒の原因になる「アニサキス」の発見を補助する、目視発見の精度を向上させるマシンが登場しました。


アニサキス発見補助器は、静岡県の包装資材専門商社が取り扱っておりすでに導入している企業もあります。


密閉型ボックスに納めたブラックライト(赤身用)とLEDライト(白身用)を魚の切り身や製品に照射、赤外線によってアニサキスを発光させて視認性を高めて発見効率を上げるもの。意外とコンパクトなサイズです。


厨房やバックヤードでの利用もできるような設計。価格は11万円と言う事で、3年間で100社への販売導入を計画しているようです。


このアニサキスは1999年でしたかね、食品衛生法の一部改正により報告するように求められており、件数など具体的に把握できるようになりました。


厚労省のホームページによると、

2014年79件
2015年127件
2016年124件
2017年6月1日時点では41件


となっています。


少なくない件数だと思いませんか?このような事故を減らす為と、未然に防ぐ事で販売者の商売を救う事も出来るものだと思います。


すべての出来事に商売がついてくるのだなぁと思います。でも、、、11万かぁ。高い気もする。




posted by なーたのうた at 12:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

忙しいビジネスマンに今話題の食スタイル

旬の手作りおかずをお届けする「わんまいる」の通販サイトです


販売実績累計50万食!国産野菜100%の手作りおかずを中心に、ご自宅に居ながら全国のご当地グルメ・専門店の味を1品から楽しめる食のセレクトショップです。