2017年03月18日

おとうふの相模屋  この商品が熱い!

「おいしいおとうふ」ひたすらにそれだけを追求して業界トップに君臨する「相模屋」


豆腐屋が豆腐屋としてここまで成長してきたんだ!というプライドみたいなものを感じます。太子食品だって、もやしの豆つながりからお豆腐が始まったとか。他にも納豆スタートのお豆腐やってます!なんて事で創業当初から「お豆腐一本」という企業は少ないようです。


もちろん町のお豆腐屋さんとかはあるとしても、ここまで大きく一本集中で成長された相模屋さんは素晴らしい会社だと思います。もちろん商品も魅力的ですよね。

>相模屋のひとり鍋シリーズあったか6品セット

価格:1,000円
(2017/3/18 10:39時点)
感想(3件)




すべてのスタートは戦後間もない昭和26年、戦争で夫を失った”江原ひさ”が、生計を支える為始めた町のおとうふ店でした。のちの「相模屋豆腐店」の始まりです。


創業を後押ししてくれたのは、姉夫婦。豆腐の製造機械とおとうふを作れる職人を送り込んでくれたのだそうです。


ひさは、創業の恩人である姉夫婦への感謝をこめて、彼らの住む地(神奈川県:古くは”相馬の国”と呼ばれた)にちなんだ名前を屋号に付けました。


社名に込められた「感謝する心」


創業から60年以上を経た今も、相模屋の事業の根底となっています。


国産にこだわった至極の一品からおしゃれなナチュラルとうふまで。

>ナチュラルとうふ 白10個セット(プレーン10個)

価格:2,000円
(2017/3/18 10:53時点)
感想(30件)



>ナチュラルとうふ 黒10個セット(チョコレート味10個)

価格:2,000円
(2017/3/18 10:54時点)
感想(9件)




あなたの舌にあたらしいおとうふを!!


なんて、自分もこれからなんですけど(笑)




posted by なーたのうた at 10:56| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください