2016年10月28日

シーチキンのゴキブリ混入|はごろもフーズ

報道もさることながら、ネット上でもいろいろ書かれるもんですね。


はごろもフーズはホームページ上でも「お詫び」の文書を掲載し、『自社販売のツナ製品にゴキブリと推定される小さな虫が混入していた』件を発表。


「シーチキンLフレーク」(缶詰)内容量70g
バーコード 4902560012409
賞味期限 2017.12.19 (製造日は2014.12.20)
製造所固有記号 OKT 

シーチキン.jpg


当該工場は10月29日に製造を休止します。静岡市にある興津食品㈱(はごろもの協力工場)です。案ずるは我が身ですが、自社では扱っていない商品でしたが、やっぱりお客様からはお問い合わせを頂きますね。


事の経緯は・・・

10 月13 日、山梨県にあるスーパーで、シーチキンLフレークを購入された方から「製品に虫が混入している」という連絡があったようです。メーカーが調査したところ、製造工程で混入したゴキブリである可能性が高いことが判明したのです。それがまた、製造日から1年10 ヶ月を経過したものでした。それがいいとか悪いとかではなく、現在に至るまでに、同様の申し出がないことから、連続性はないものであると判断したのです。


結局、公表された時期が発生から遅くなった点について、「お客様への対応を最優先したため」としています。まぁ隠そうとしたのではないと思いたいのですが、ちょっと疑問な点として、「自主回収」という判断を現時点でしていない事。


基本的に食品事故においては、事故の発生した製造ロットにおいて回収を行うものです。絶対ではないのかもしれませんが、考え方によっては、この度混入していた「ゴキブリ」の足、触角なんかが同ロットにも入っていないとは言い切れないでしょう。


それとも、今回申し出のあった混入物を確認した結果、「このゴキブリには破損部位がない為、多量に製造された同ロット品に問題はなく、この一個です」と言うのでしょうかね。


その前に、気持ち悪くて不安になりますってね。製造ロットを公開しているので、心当たりある方はチェックされた方がいいですね。


今後の対応が気になりますね。


大手スーパー棚からはずしている模様。
株価は下げ





以前のはごろも記事
  時流に乗る減塩・・・・

posted by なーたのうた at 20:46| Comment(0) | 食品事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ