2016年09月15日

ローソンの買収劇|コンビニ戦争の背景

さぁさぁコンビニ関係の話はさながら国取り合戦のような面白みがあると思っているのですが、いかがお過ごしでしょうか?


特に詳しいわけではありませんが、どうやら三菱商事がローソンを子会社化するようです。ローソンはコンビニ業界第三位の規模。TOBという「株式公開買い付け」を実施し、出資比率を現在の33%から51%に高めることを検討しているのだそうです。


買収額は少なくとも1400億円を超える見通しで、三菱商事の世界的なインフラを生かしてローソンは頂点へ近づこうとしています。


ちなみにコンビニ業界第一位は言わずと知れたセブン-イレブン。しかし先日ファミリーマートとユニーグループ・ホールディングスの経営統合により売上高ではローソンが抜かれて第三位となりました。


そんな中での子会社化は今週中にも正式決定する可能性があるみたいです。


それにこれは知らなかったのですが、三菱商事は2012年に約4200億円を投じてチリの銅鉱山の権益を取得しています。プレスには「これに次ぐ大型投資」と今回のローソンへの関与が書かれていましたが、個人的には鉱山買ったの?の方が興味があります!
20160723222919285.jpg


話を戻して、三菱商事はローソンを子会社化することで、店舗数で業界3位に転落したローソンをてこ入れをしていくのですが、店の1日当たりの売上高を業界首位のセブンと比較すると、1店舗当たり平均50万円台半ばのローソンに対し、セブンは一割ほど多い。この穴を埋めるためには、商品力の強化に加えて、各店舗の経営管理などの資金力やノウハウが必要なのだとの判断があったようですね。


これからの動きですが、具体的には、三菱商事は出資する食品メーカーや弁当・惣菜などの生産委託業者との連携を強化し、ローソン向けの専用工場を増やしていく方向。振り込みなど決済サービスを中心にした金融事業もさらに強化していく事と、割安な電力プランの店頭での取り次ぎなども強化するのだそうです。私たちの生活に密着した業務で集客を狙っています。


また、人材不足が騒がれる中、経営を担う人材の派遣もこれまで以上に増やしていく方向で、食材や物品の調達ノウハウなどを各販売店に指導する役目と、セブン・ファミマに比べ遅れている海外展開についても三菱商事の人材を活用していきます。


さらには将来的に、ローソンとスーパーとの連携も目指しているようです。三菱商事が約2割出資するライフコーポレーションや、北海道・東北の大手スーパーのアークスなどに社員を出向させています。こうしたスーパーの人気商品を採用したり、商品や物流の相互活用などを検討したりする見通しです。


目論見の中には調剤薬局やドラッグストアとの融合や介護施設との連携も深めていく考えがあるようです。


コンビニ」としての機能は量・質ともにレベルが上がっていきますね。





posted by なーたのうた at 18:30| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

忙しいビジネスマンに今話題の食スタイル

旬の手作りおかずをお届けする「わんまいる」の通販サイトです


販売実績累計50万食!国産野菜100%の手作りおかずを中心に、ご自宅に居ながら全国のご当地グルメ・専門店の味を1品から楽しめる食のセレクトショップです。