2016年06月27日

カゴメ、トマトにステンレス混入で自主回収

久々にでました・・・自主回収」・・・・


カゴメ㈱のダイストマト(イタリア産)2500g缶。主に業務用です。商品内にステンレス片が混入した商品が出荷されているとして自主回収の指示が出ました。


今の時点での被害報告などはないようですが、その内容を確認してみましょう。


メーカー連絡:6月27日

回収対象商品:カゴメ ダイストマト(イタリア産)2500g

JAN:4901306016336

該当賞味期限:全7日付
170228
170301
170308
170309
170310
170311
170312

賞味期限は個装缶蓋上段左側および外箱に印字されています。


ちなみに、該当賞味期限以外は問題ないとしていますが、現時点では検査などの為メーカーからの出荷が止められている状態です。


我が社の在庫は該当ロットがあった為、交換を依頼しましたが、その通りだった為別メーカーのものを調達する事になりました。同じイタリア原料でしたが、工場は別である事の確認をした上で。


そもそもステンレス片はどこから混入したのか?


イタリアの製造工場で作られているのですが、製造工程内のステンレス製コンベアの接続部が破損し、補修作業を実施しておりました。これが2014年の8月31日の事だといいます。


そして補修作業後に製造を再開するのですが、作業時に発生した削りかすなどの洗浄が不十分であった事による混入との報告でした。製造工場としては致命的な問題だと思います。


こうして、補修作業後に製造された商品、7日付分の商品回収となったのです。


対象となる総数量などまだ聞いていませんが、すべてを回収するというカゴメ。当たり前の事ですが、イタリアの工場でそのような事が起きたってのは意外でした。


とりあえず速報として。






posted by なーたのうた at 13:31| Comment(0) | 食品事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ