2016年05月31日

二男の猛攻なるか?一正蒲鉾「うな次郎」襲来

「うな次郎」で検索すると・・・・ぐるなびとかなんかお食事処ばっかり出てきますねぇ。


僕らが言っているのは「うな次郎」という素晴らしい商品の事。鰻を模した蒲鉾です!蒲鉾と言うか、練り製品と言ったらよいか。


一正蒲鉾から発売のうな次郎は咋年、まぁ商品を仕掛けるにはだいぶ遅かったんですが案内がありました。当時は、うなぎ型の蒲鉾を静岡のうなぎ蒲焼製造工場へ送って本格的な三度焼きを行っていました。


だからこそってな感じですが、1切れ100円以上の卸値だったんです。一部のスーパーでも並んだと思うんですが、それなりの価格。販売に際しては「うなぎ蒲焼」と間違って購入しないようにシールも貼って販売したんです。


今期は、そのノウハウを自社の工場で実施。極端に味に違いは出ませんが、価格はどーん!と下がりました。いやいや購入しやすい価格帯になりましたね。お年寄りやお子様、うなぎ蒲焼風として流行りのソフト食的な使用方法にも便利なうな次郎。


ちなみになんで「次郎」?って感じですが、一正蒲鉾は今でこそ当たり前の「カニ風味かまぼこ」の生みの親なんです。育ては違う親ですけどね(笑)。そのとき「かに太郎」なんて名前で世間を驚かせ、サラダや天ぷらの定番とまでなったんです。いまじゃ日水、極洋、スギヨなどなど、カニ風味かまぼこについては一正蒲鉾の名前も小さくなってしまいましたけど。


と、いうことで「うな次郎」という名前になったとか。


実際の商品は皮目のところまでこだわって製造されています。味的には僕も好きな味(と言っても、蒲焼のたれ味ですが)なので、ご飯のおかずには十分です。


スーパーで見かけたらぜひご賞味ください。裏面一括表示「スギヨ」なんて書いてるかも。一正蒲鉾さん!がんばれ!





posted by なーたのうた at 08:21| Comment(0) | はい!朝礼始めます。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ