2016年05月04日

私事】頸部神経根症の診断をされる

今となって思えば、あれも悪かったか?これも悪かったか?などと心当たりが見当たりますが、症状が現れたときのきっかけは特になかったように思います。

-------


と言う事で、記事を書くのもひと苦労のからだになってしまいました。


先日、朝起きるときに背中の痛みを感じたんです。次に右腕の痛み。痛みと言うより「しびれ」ですね。値違えたのかと思うほど、首を動かすと首筋から背中に電撃が走るんです。


右腕はと言うと、二の腕のあたりから指先まで、特に小指、薬指までがビリビリしびれていて力が入りません。ちょっと体勢を変えると痛みは軽くなるのですが、またすぐに激痛が襲ってくるんです。ショックだったのが、右腕のしびれのせいで力が入らず、箸がうまく使えない事・・・・。スプーンで食べる食事・・・。


よっぽど救急車を呼ぼうかと思いました。ホント痛みがひどくて、どんな格好をしても付いてくる痛みが耐えられませんでした。結局耐えたんですけど(笑)


翌朝はいくから楽になりましたが、7:30には病院の受付をして出社。事情を説明して8:30に診察まち。診察して頂けたのは10:00過ぎ。俺の7:30受け付けはなんだったんだ・・・・。でも、窓口の人にとり直してもらったのが遅くなった原因だろうか?


とりあえずで、「形成外科」で受付をしていたのですが、途中で症状を聞いた受付の人が「脊椎外科」で受け付けなおしをしてくれたんです。実は以前この「脊椎外科」で手術もしている常連でしたから。いや、常連じゃない!


診察は、レントゲンと先生との話だけ。結局レントゲンではヘルニアもわからず「頸部神経根症」と診断。次回MRIの予約を取って終わり。薬は袋いっぱいに2週間分もらいました。


自分からリクエストしたのは「座薬」。なんとかナトリウムってやつで、以前お世話になったときに使用した痛み止めなんですが、すぐ効いてすごく効く!そんな思い出からリクエストしました。


診察代で2000円ちょっと。薬代で2000円ちょっと。5000円が吹き飛びました。健康がなによりだよなぁっていまさら。


頚椎のヘルニアで手術をするのは3%程度と言われましたが、ヒキの強い自分!やっちゃうかもしれません。この腕のしびれ・・・・なんとかなるんでしょうか?それ以前に首筋、背中の痛みも何とかしてほしい!


病状の進行具合などニュースがない時は適当にお伝えします(笑)
良かったら皆さまの「脊椎報告」参考にさせてもらえればいいですね。




posted by なーたのうた at 15:30| Comment(0) | 僕の脊椎日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ