2016年03月15日

すき昆布に異物・・・|ただのアブじゃなかった!

事故とまではいきませんが・・・いや、事故か?


久々に異物混入のクレームです。「すき昆布


まぁね、自然の乾燥物ですし・・・甘かった。ちゃんと屋根もあるし工場で製造されていました。乾燥したすき昆布のはじっこに絡まるように何やら羽が・・・。おぞましい・・・


蜂?アブ?ハエではなさそう。えぐいので画像はUPしませんが、実際にそこにはいてお客様からご指摘を頂いての回収になりました。実は、大箱で購入をして、中の10枚づつを袋に入れてお客様へ出荷をしている為、100%製造者の責任とする事が出来ないんです。袋に入れるだけとはいえ「加工」している事になっちゃいますから。


基本的にはメーカーの製造した「最終製品」を仕入れてお客様へ販売しているのですが、田舎の方ですからね僕ら、地元で生産されたものなんかもお父さんお母さんが作っているような産直的なものから、障害者支援施設などで育てた干し椎茸とか、地場に深く関係した商売も若干あるんです。


正直、そうした商品でのクレームって大変なんですよね。お客様にご迷惑や不安を与えてしまった事には変わりないですし、代金を頂戴して納めさせて頂いたものに問題があったのであればしっかり対応はします。しかし、報告書とかそういったものが出せない場合もあったりします。結果的にはちゃんと混入経路や是正処置は文書にして改めてお詫びに行くんですけどね。


今回のすき昆布もちゃんと漁協さんから出てきましたけど、僕らの見解も報告します。袋詰めは僕らでしたから。そこで、ポイントになるのは「その虫がなんだったか?」だったりするんです。陸地にいる虫なのか、浜辺にしかいないのか?国内にいるはずがない?加熱された形跡がある?屋内に生息?などなど・・・。


混入していたのは「コウカアブ」という昆虫綱双翅(そうし)目短角亜目ミズアブ科に属する昆虫でした。まあ、「あぶ」です。


黒色で、はねは全体が黒褐色、腹部の基部が白色、前脚(ぜんきゃく)と中脚の脛節(けいせつ)基部と節(ふせつ)は黄白色。触角第2節の内側は先端が前方に突出しています。


嫌な事に、成虫が見られる場所・・・は便所、畜舎、ごみため周辺に見られると図鑑に載っています。腹部の基部が細く、姿や飛び方もハチに似ていて、後架(こうか)、すなわち便所の周りを飛ぶのでベンジョバチって呼ばれている虫でした。


これはキツイ!


銀バエくらいのインパクトじゃないでしょうか?


だからと言って、トイレ周辺で製造しているかと言うとそうではありませんが、主にそうしたところでよくみられるというだけですから。でも、ショック。


当社の在庫保管場所は低温管理されており、お手洗いなども別施設にしかなく、倉庫自体には陸続きになっていませんでした。かつ、入り口での履物の履き替えや手洗い、現場担当の持ち物チェックから装備の確認など、さながら製造工場並みの衛生管理をしたうえでの倉庫作業となっています。(ちょっと言い過ぎ!?)


そもそも、すき昆布に挟まっていたところから、袋詰めの時に「ポトッ」と落ちて入ったとは考えにくい部分があります。が、何が起こるかわかりませんよね。


決定的な部分はありませんでしたが、製造側の提出した文書で明らかとなった工程上の混入可能性が比較的高い事がわかったので、そうした説明をしての対応となります。混入の昆虫を詳しく調べるとゾッとしてしまう事もありますね。


ほんとうに申し訳ない事でした。いずれ、お客様に出荷される前に発見できなかったか?という点でいえば当社にも改善すべきところはあったと思います。昔はね、干し菊なんかにも虫が入っていたり、「そういうもんです!」とかって、冗談で言えた時代もあったかもしれませんが、今はそうもいきませんよね。


食に関連した商売です。気をつけたいと思います。





posted by なーたのうた at 11:41| Comment(0) | 食品事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ