2016年02月13日

太陽光発電してますか?共働きの家にはメリット多め

太陽光発電っていっても良い事、悪い事、まさに賛否両論と言ったところですよね。でも、最近近所に出来た家はほとんど付いてますね。オール電化ですし。



でも、まだまだ高いですよね。太陽光発電ってのも工業製品だと考えれば、もっと普及する事で価格は下がってきます。今はどうでしょう、100万台で取り付けられるようですが、出始めの1990年始めって500万以上していたような気がします。太陽光発電システムっていくらぐらいかかるの?
 こちらのサイトで相場を見る事が出来ます。



設置件数が多くなっている理由としては、電気代が安くなるという点でしょうね。こうしたことはオール電化にもあてはまりますが、太陽光発電の場合、余剰電力を売電できるんで、電力会社から買った電力より発電して余って売った電力のほうが多ければ・・・利益になっちゃう。とくに共働きだったりするご家庭で、日中不在だったりする事が多いとこうした現象が起きやすいんだそうです。



しかも2009年11月からスタートした固定価格買取制度ってご存知?余剰電力の買取価格(売電単価)はこれまでの約2倍にもなったんです。これまで以上に利益を出しやすくなっています。そもそも家庭の電気代節約ってところから利益を出す道具になってきましたね。



買取単価は年々下がってきていますが、24円/kwだった制度開始前の売電単価が、まだ37円/kwで推移しているのですから、太陽光発電を先行導入するメリットはまだ続いていると考えて良いのではないでしょうか。



さてさて、今回考えてみたいのは、「電力の小売自由化」こちらでございます。



次世代エネルギー業界での調査・研究を行う「タイナビ総研」 http://www.tainavi-soken.com/ さんの電力自由化への意識調査の結果を見ました。340名ほどの調査でしたが、2016年4月からの電力小売り自由化に合わせて、「電力会社の見直しをする」と答えた方は87%にもなったとか。



安くできるんだったら絶対しますよね。太陽光発電を設置しなくても、電力の仕入先を変える事で安くなるんだったらしますよね?各ご家庭もそうですが、すでに大手企業なども動き出しています。



同時に、「電力の自由化」ってキーワードでの詐欺的な活動も目立ってきているようです。国民生活センターでは、消費者からの相談件数などを内容によって仕分けて管理しています。その中で、電力の自由化に伴う相談件数はここ数年に比べ約5倍に跳ね上がっています。年明け1月から急激です。



電力会社の選び方などの話が出来ると思い、玄関に招き入れたら延々と家庭用蓄電池の勧誘をされた・・・など新しいものには必ず詐欺まがいの事も付いてくるものですね。



注意も必要な点がありますが、「電力の小売全面自由化」については、信用できるサイトで一度比較してみる事をお勧めします。自分のところはアパートなんですが、詳しく学習出来たら大家に提案してみようと思います。すでに検討しているかもしれませんけどね。


こちらは太陽光の比較ができるサイトです。【太陽光発電一括見積.com】
最大で5社を比較できるので、予算にあった形で検討できます。


それでは、電力自由化についてもう少し詳しく調べたらお伝えします。そう、これからなんです(笑)





無料会員登録で合計10,000名さまに宿泊券やお食事券などを抽選でプレゼント!あわせて“もれなく”300円分ポイントもプレゼント中!│中部電力【カテエネ】


posted by なーたのうた at 17:41| Comment(0) | ちょとでも得したい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ