2016年02月01日

中古ノートパソコンの購入は今!?タブレットの出荷台数が逆転した事で狙い目が出来た

最近スマホに変えたんですが、タブレットも欲しくなってきました。そもそも、パソコンが家にないのでITチックなものと言えばスマホだけですね。


タブレットと言えば最近よく通勤電車の中などでも見かけますよね。ノートパソコンではなくて、今やタブレット端末でメールチェックをしていたり。個人的には女性が多いようにも感じます。


正確なデータを調べきれいていないのですが、2015年に日本国内のタブレット端末とノートパソコンの出荷台数は逆転する・・・というパソコン業界の分析を聞いた事があります。タブレットの方が多くなるというのです。


実際、デスクトップを含むパソコン全体の出荷台数は世界的に減少傾向です。ここ数年間は連続して前年割れを続けています。それでもどうにか販売台数を伸ばしているのはアップルのMacくらいのようです。


これは知りませんでしたが、スマートフォンとタブレット端末を総称して「スマートデバイス」と呼んでいるようですが、スマートデバイスの中でタブレット端末が占める割合は次第に増加しています。(世界的にはスマートフォンらしい)


こうなると、みんなも乗り遅れないようにタブレットを購入しよう!となるかと思いきや逆を考えてみれば「ノートパソコンを購入する絶好のタイミング」と言う事にもなります。


先に書いた通り、自宅にパソコンがありません。職場で使用する以外に触れる事がないのですが、とりあえず”かなり使える人”という感じで何かと声をかけられるポジションになっています。わからないけど触って覚えた感じ。だからちゃんとじっくり学びたいなぁとか、こっそりいろいろ見たいなぁ的にパソコンが欲しいんです。


だったらタブレットでもよかろうに!と言われます。持ち運びも楽だし、キーボードもない。さっと取り出せてどこでも使える。バッテリーも長持ちですよね。SNSやメールなどが中心であればタブレットが最適かもしれません。


しかし、本格的にパソコンの機能を使おうとすれば、タブレット端末では苦しい部分もあります。仕事での利用となれば、あくまでもパソコンの補助的なものがタブレットに出来る事って感じじゃないでしょうか。


どれだけタブレットが普及したとしても仕事をするうえではパソコンが必要である事は間違いないと思います。だからパソコンが欲しい!!そこまで、仕事人間ではないけれども!





今欲しい!だから絶好のタイミング・・・というのではなく、一応根拠があります。「ノートパソコンを購入する最適なタイミング」と考えるわけは、二つあります。


ひとつは、ノートパソコンがあまり売れなくなっている事。


もうひとつは、最近ハードウェア的な機能があまり変化していないら。


パソコンを購入するタイミングで最も重要だと感じるのは、新しいハードウェアがいつ登場するのかというところになります。心臓部であるCPUや通信規格、HDDなどの記憶装置、USBのような入出力機器の仕様などは最新のものであるにこしたことはない。購入するタイミングを間違えると、買ったばかりのものがすぐに旧式になってしまう。それだけでなく、対応するソフトウェアも変わってしまったり・・・


特にノートパソコンでは後から内部部品の交換がほとんどできない為に、このタイミングはかなり深刻でしょう。ですが、ここ最近はパソコンのハードウェアの変化がほとんどないと考えれば、「今でしょ」という見解。


ネット上では中古パソコンの専門店が増えていますね。多くは良心的なショップばかり。外見上の小さな傷などを気にしなければ、2-3年前の有名ブランドのノートパソコンを5万以下で購入できるのは驚きではない。


もちろん中古の購入には様々なリスクがありますので、初心者の方はパソコンに詳しい人のアドバイスが必要にはなります。購入となれば、私もその初心者に含まれます。


しかし、ほとんど変わらないスペックの新品が10万前後する事を考えると、決して無視できない選択肢ではないでしょうか。


もし、そろそろ買い換える時期だなぁと考えているのであれば中古をぜひ選択肢に含めて検討してみる事をお勧めします。




posted by なーたのうた at 20:47| Comment(0) | その時のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ