2015年08月07日

女子大のお弁当が話題を呼んでいる!?

食唐揚げ弁当」が女性の間で話題と呼んでいると言う事で調べてみました。


昭和女子大学が日本ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)と共同開発したお弁当「美食唐揚げ弁当」の事でした。唐揚げといえば「美」に対して良いイメージは無いように思います。


どういった意味なんでしょう?


まず、昭和女子大学とはいかなるところで・・・そう、あの「檀 蜜」の卒業校。しかし、檀蜜は今回の「美食唐揚げ弁当」には関係ないです。個人的には容器のピンク色は檀蜜より影響を受けた!と言ってほしかった・・・。


手がけた学生を想像してみました。複数ある学部の中で、生活科学部「管理栄養学科」がありました。ここが関係しているのか?または、本校の「動物実験委員会」が関係しているのか?鶏の実験ですばらしい肉が出来たとか・・・?。

考え事.jpg


実際は、KFCから「20~30代の女性に向けたお弁当を作りたい」という提案に対して、生活科学部の「健康デザイン学科」の3、4年生5人が、昨年12月に開発に着手したものでした。


1食で1日に成人女性が必要な食物繊維の半分が摂取できるスペック。税込み583円で、持ち帰り唐揚げ店の「KFC鶏から亭」全4店舗で販売中。


不足しがちな栄養素を突き止めるために、女子学生の一週間分の食事調査を行なったところ、食物繊維が足りていない事が判明。そこで、副菜には食物繊維たっぷりのヒジキ煮、ほうれん草と切干大根の胡麻和え、さつま芋とかぼちゃのサラダを採用。消化・吸収をよくするためにごまをすったり、サラダに食物繊維意を含むアーモンドを混ぜたりするなどの工夫をしています。主食のご飯を食物繊維が多い玄米にしたのも特徴ですね。


「食物繊維の数値目標を達成する為に試作を重ねた」と話すのはチームリーダー。美食というネーミングで、健康や綺麗になれるというイメージを持ちやすくしたのだそうです。さすが、健康デザイン化。担当した准教授は、女性のかばんに納まりやすい2段重ねのパッケージにするなど、女性の視点を強く意識したと話します。


唐揚げも口を大きく開けずに食べられる小ぶりなサイズにした。茶色になりがちな一般の唐揚げ弁当と違い、カラフルな色合いにする事で、女性の手に取ってもらいやすくしています。


女性が考えるから、共感され多くの支持をされるんでしょうね。これって男子が買ったら恥ずかしいのかなぁ。

ラベル:女子 へぇ~
posted by なーたのうた at 14:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
カテゴリ
ご紹介する友達ブログ