2017年08月19日

鶏卵から殺虫剤!?

8/19 あるメールが届きました。


『いつもお世話になっております。ヨーロッパ、韓国にて問題となっております殺虫剤成分フィプロニルに
つきまして、当社生産農場では使用実績ない事をご報告させて頂きます。』



えっ?なになに。それ系の問題発生?


たまご生産工場からでした。結論から言うと、国内生産の生卵については問題ない と思われますが、一部、
凍結液卵や粉卵等、または卵を原材料の一部に使用した食材等が海外から輸入されているのは事実であり、今後、国内でも影響が出てくる可能性は否定出来きないとの事。


事の経緯は、8/13頃の発表で”フィプロニル”という人間の肝臓や腎臓などに害を与える可能性のある殺虫剤が鶏卵から検出された!というニュースによるもの。鶏卵だけでなくパン・菓子・マヨネーズなど鶏卵を材料とする食品全般に対して不信感がわき上がっているのです。


各国のメディアが取り上げている事で、世界的に不安が強まっている自体で、韓国やオランダやベルギーなどの養鶏場の卵から殺虫剤フィプロニルが検出されたようです。


欧州連合(EU)欧州委員会によると、汚染の疑いのある卵や加工品の出荷先は、英、フランスなどEU15カ国に域外の香港、スイスを加えた17カ国・地域に及んでいるという事で、その話は韓国国内でも出てきたのです。


フィプロニルはノミやダニの駆除に使用されるもので、人が大量に摂取した場合、腎臓や肝臓に悪影響を与える恐れがあるとして、回収騒ぎになっています。ただ現時点で健康被害の報告はなく、EUや各国当局は「少量では健康への影響はない」との説明をしています。


しかし、その話を聞いただけで体調が悪くなる「病は気から」現象もこれだけの地域に広がって出荷されていれば少なからず出てきそうな気がしますね。


EUは、畜産などでのフィプロニルの使用を禁止していることから、オランダの当局は汚染問題に関与した疑いで養鶏関連企業の幹部2人を拘束した模様。


しかも、全国で約400店舗を抱える「Eマート」「ホームプラス」「ロッテマート」などの大手スーパー3社は15日、全店舗で一斉に鶏卵の販売を中止。一日平均で鶏卵約100万個を販売するEマートは同店147店舗と系列ディスカウントストア「トレイダーズ」11店舗に陳列された鶏卵を同日午前、一斉に撤去したという事です。


ある大手スーパー関係者は「問題になっている農家の『殺虫剤に汚染された鶏卵』を取り扱ったことはない」と言っていますが、やはり消費者の不安を考慮すると当面は販売を自粛せざるを得ない状態という店舗もあるようです。


その消費者の不安感をあらわす動きとして報告されているのが、「昔ながらの市場や一部の小規模商店では鶏卵製品を販売していたが、購入する人はほとんどいなかった」「家にある鶏卵は捨てた方がいいのか」、韓国のり巻きなどを売る飲食店では「卵を入れないでほしい」などという動きが増えているそうです。


年末にかけて需要期となる鶏卵ですが、この事件での相場が気になってしまいます。昨年度に比べてベースアップしたままの推移で来ているので、定番アイテムだけに動向を見守りたいところです。


もちろん、国内メーカーがいうように、「日本は問題ない」としていますが、消費者の動きによっては何かしらの影響が出てくるかもしれません。また、原料として輸入卵だった場合は検査書の提出など問い合わせがはいってくるのかもしれません。
20170621230449200.jpg



posted by なーたのうた at 15:41| Comment(0) | 日常報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

オホーツク産ホタテの最盛期!500円下げ!?

ほたての高騰には困り果ててました。最近は落ち着きましたが。先に「貝柱」が上がりきったんでしょうね、7月とか値段が下がってきていました。そうこうしているうちにオホーツク海域のホタテ生産が最盛期を迎える時期となりました。


最近では、北海道全般を見ても台風や低気圧、高水温やザラボヤの大量発生などなど・・・減産に追い込む自然被害が多かったのですが、輸出向け需要は旺盛で、国内市場が手を出せないほどの高値が続いていました。


しかし、来年は最大産地のオホーツクで生産が回復する見通しとなっているようで、この地区の主力製品・玉冷(冷凍の貝柱)の新物は相場の下方修正が進んできています。


一昔前は¥1,000/kg台半ばの安値で一気に人気商材となった「玉冷」ですが、国内外からの需要が高まり年を追うごとに高値を更新してきました。昨シーズンはいくらくらいで仕入れてました?小粒で¥3,000/kg、大粒¥4,500~¥5,000/kg近くなんてのもありました。


ここ3ヶ月で下げ基調なのは生産回復の見通しのほか、海外需要の不振があります。高値の原因の一つでもありましたが、輸出先の中国や米国でも限界はあったんですね。そして円安。あまり為替には詳しくないのですが、110円か115円かでだいぶ変わるんだそうです。


オホーツクでの原貝生産は、流氷が去っていく3月下旬に漁場整備と称して、前年度の残った貝を水揚げします。新物の本操業開始は6月。貝が太る夏場をピークに長い時だと11月末まで続く時もあります。海が凍る直前までですね。


今年の5月の話では、来年の生産について今年より多い30万トン前後を見込んでいる北海道漁連。こうした下げ観測が募って相場も下がってきています。しかしながら動きが鈍いのが現状。結局、需要が旺盛だった輸出に高値でどんどん出していた時、相場高で苦労した消費地の売り場のすぐには喰いつかないのです。


一度失った販売意欲を取り戻す事が大切かも知れないですね。



posted by なーたのうた at 18:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする